FX為替用語集た行

人気ランキング【無料期間あり】

1位 為替無双 FXトレードのプロ集団がリアルタイムの裁量トレードをあなたの口座に反映させます。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

2位 平田和生 元メリルリンチ証券No.1セールストレーダーであり、シンガポール大手銀行、UOBアセットマネジメントジャパン社長、日本投資顧問業協会の副部会長などを歴任してきた、平田和生(ひらたかずお)先生が、株式投資の銘柄を、定期的にお届けするものとなっております。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

3位 FX-Jin 会社員からシンガポールのヘッジファンドに弟子入りし、帰国後、プロの機関投資家として、株式とオプション取引で連戦連勝を実現させてきた、次世代の投資業界を担う若き二人の天才。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

FXトレード手法 人気ランキング

FX為替用語集 た行 一覧

対顧客市場(たいこきゃくしじょう)
W指値(だぶるさしね)
為銀主義(ためぎんしゅぎ)
短期金融市場(たんききんゆうしじょう)
短期公社債投信(たんきこうしゃさいとうしん)
チャート(ちゃーと)
長期金利(ちょうききんり)
ツイン指し値(ついんさしね)
2Wayプラス(つーうぇいぷらす)
デイ・トレード(でい・とれーど)
TTS(てぃーてぃーえす)
TTM(てぃーてぃーえむ)
TTB(てぃーてぃーびー)
ディーリング・ルーム(でぃーりんぐ・るーむ)
ディスカウント債(でぃすかうんとさい)
てこの原理(てこのげんり)

デフォルトリスク(でふぉるとりすく)
デリバティブ(でりばてぃぶ)
電信売相場(でんしんうりそうば)
電信買相場(でんしんかいそうば)
トラベラーズチェック(とらべらーずちぇっく)
取引手数料(とりひきてすうりょう)
ドル・コスト平均法(どる・こすとへいきんほう)

 

FX為替用語集 た行 詳細

対顧客市場(たいこきゃくしじょう)とは
事業会社や外国為替保証金取引業者、個人などが銀行との間で外国為替取引を行う場のこと。

 

W指値(だぶるさしね)とは
OCO注文と同意。
種類の異なる2つの注文を出しておき、片方が約定したら、もう一方を自動的にキャンセルするという注文方法。W指し値、ツイン指し値とも呼ばれてます。

 

為銀主義(ためぎんしゅぎ)とは
外為法が改正される前は、通貨売買や通貨関連のデリバティブ取引ができるのは、大蔵大臣の許可を受けた外国為替公認銀行(為銀)に限定されていました。

 

短期金融市場(たんききんゆうしじょう)とは
期間1年未満の金融市場(マネー・マーケット)。

 

短期公社債投信(たんきこうしゃさいとうしん)とは
CDやCPなどの短期の金融商品を組み入れて運用する公社債投信のこと。

 

チャート(ちゃーと)とは
一定期間の為替レートの動きをグラフ化したもの。ローソク足が用いられてるのが一般的です。

 

長期金利(ちょうききんり)とは
1年以上の債入金の金利。10年物国債(長期国債)の中で流通量が多い銘柄が代表的な指標となっています。企業が資金を借り入れる際の金利や住宅ローン金利の指標となります。

 

ツイン指し値(ついんさしね)とは
OCO注文、W指し値と同意。
種類の異なる2つの注文を出しておき、片方が約定したら、もう一方を自動的にキャンセルするという注文方法。

 

2Wayプラス(つーうぇいぷらす)とは
投資家が注文を出す際に、業者が売り(Bid)と買い(Ask)の両方の取引レートを提示すること。
取引業者を選ぶ際には、2Wayプラスが提示されてるところを選んだほうがよいでしょう。

 

デイ・トレード(でい・とれーど)とは
その日の間に反対売買を行う投資スタイルを指してこのように呼びます。

 

TTS(てぃーてぃーえす)とは
銀行が公示する対顧客の電信売相場のこと。
TTSのSは“Sell(売り)”を意味しています。

 

TTM(てぃーてぃーえむ)とは
「仲値」のこと。
午前9時55分の外国為替相場(インターバンク市場)のレートをもとに銀行が決めるもので、相場がよほど大きく変動しない限り、1日中同じレートが適用されます。

 

TTB(てぃーてぃーびー)とは
銀行が公示する対顧客の電信買相場のこと。
TTBのBは“Buy(買い)”を意味しています。

 

ディーリング・ルーム(でぃーりんぐ・るーむ)とは
大手銀行では、本店にあるディーリング・ルームを24時間、交代制で稼働させています。
現在、外国為替市場の1日の取引は約2兆ドル。まぎれもなく世界最大の市場といえるでしょう。

 

ディスカウント債(でぃすかうんとさい)とは
あらかじめ額面金額よりも低い価格で発行される債権のこと。

 

てこの原理(てこのげんり)とは
わずかな力を使って大きな結果を出す原理のこと。
もともとはギリシャの哲学者、アルキメデスが発見したといわれています。

 

デフォルトリスク(でふぉるとりすく)とは
債券の発行体が倒産するリスクのこと。

 

デリバティブ(でりばてぃぶ)とは
先物やオプションといった金融派性商品の総称。
相場の上昇局面だけでなく、下降局面にも利益が追求できるので、リスクヘッジをしながら積極的に利益を追求することが可能になります。

 

電信売相場(でんしんうりそうば)とは
TTS(てぃーてぃーえす)↑と同意。

 

電信買相場(でんしんかいそうば)とは
TTB(てぃーてぃーびー)↑と同意。

 

トラベラーズチェック(とらべらーずちぇっく)とは
旅行小切手。
使用期限はなく、万が一盗難や紛失に遭ってもリファンド(再発行あるいは払い戻し)が受けられるのが魅力です。

 

取引手数料(とりひきてすうりょう)とは
FXの取引を行う際にかかる手数料のこと。
1万通貨あたり○○円といったように決められているのが一般的です。

 

ドル・コスト平均法(どる・こすとへいきんほう)とは
一定額ずつ継続購入することで、価格上昇時には少なく、価格下落時には多く買いつける方法を「ドル・コスト平均法」と呼びます。
株や外貨投信の買い付けに利用されます。