FX為替用語集ま行・や行・ら行

人気ランキング【無料期間あり】

1位 為替無双 FXトレードのプロ集団がリアルタイムの裁量トレードをあなたの口座に反映させます。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

2位 平田和生 元メリルリンチ証券No.1セールストレーダーであり、シンガポール大手銀行、UOBアセットマネジメントジャパン社長、日本投資顧問業協会の副部会長などを歴任してきた、平田和生(ひらたかずお)先生が、株式投資の銘柄を、定期的にお届けするものとなっております。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

3位 FX-Jin 会社員からシンガポールのヘッジファンドに弟子入りし、帰国後、プロの機関投資家として、株式とオプション取引で連戦連勝を実現させてきた、次世代の投資業界を担う若き二人の天才。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

FXトレード手法 人気ランキング

FX為替用語集 ま行・や行・ら行 一覧

【ま行】
マージンコール(まーじんこーる)
目論見書(もくろみしょ)

 

【や行】
預金保険制度(よきんほけんせいど)

 

【ら行】
REIT(りーと)
利食い(りぐい)
シスクヘッジ(りすくへっじ)
リミットオーダー(りみっとおーだー)
レバレッジ(ればれっじ)
レバレッジ効果(ればれっじこうか)
連続注文(れんぞくちゅうもん)
ローソク足(ろーそくあし)
ロールオーバー(ろーるおーばー)
ロスカットルール(ろすかっとるーる)

 

FX為替用語集 ま行・や行・ら行 詳細

【ま行】
マージンコール(まーじんこーる)とは
証拠金維持率が一定レベルを下回ったときに、証拠金の追加を求めたり、ポジションを強制決済したりするしくみのこと。

 

目論見書(もくろみしょ)とは
有価証券やその発行者について投資家に説明するために作成・配布される資料のこと。
発行者の事業内容や資本状況に始まり、損益計算書・貸借対照表・キャッシュフロー計算書などの財務諸表、発行総額・価格・払込日といった有価証券に関する情報などが記載されています。

 

 

 

【や行】
預金保険制度(よきんほけんせいど)とは
外貨預金は、預金保険制度の対象ではありません。そのため、金融機関が破綻した場合には、預金の一部がカットされる可能性もあります。

 

 

 

【ら行】
REIT(りーと)とは
不特定多数の投資家から資金を集めて不動産を購入し、そこから生じる賃料や売却益を投資家に分配するファンドのこと。

 

利食い(りぐい)とは
ポジションの売買を行う事で利益を確定すること。
利食いを目的とした売却のことを「利食い売り」と呼ぶこともあります。

 

シスクヘッジ(りすくへっじ)とは
リスク(損失)に対する備えをすること。
外国為替や株式投資などにおいて、値下がり損を防ぐために分散投資をすることなどがそのひとつです。

 

リミットオーダー(りみっとおーだー)とは
指値注文(さしねちゅうもん)と同意。
投資家があらかじめ価格を指定し、為替レートがその価格に達すれば取引が成立するという注文方法。

 

レバレッジ(ればれっじ)とは
「てこの原理」のことです。
レバレッジを効かせることにより、少額の資金でより大きな資金の取引ができます。

 

レバレッジ効果(ればれっじこうか)とは
少ない資金で大きな金額を取引できること。レバレッジとは「てこの原理」を意味しています。

 

連続注文(れんぞくちゅうもん)とは
IFD注文と同意。
“もし約定したら”という意味を持つ注文方法。新規注文が成立したら、自動的に控えていた決済注文が有効になります。

 

ローソク足(ろーそくあし)とは
始値、高値、安値、終値の、いわゆる「四本値」がひと目でわかるようになっているグラフのこと。

 

ロールオーバー(ろーるおーばー)とは
FXでは、特に決められた決済期間はありません。ロールオーバーと呼ばれる、決済日が1日ずつ自動的に繰り延べられるしくみを取り入れることで、好きなときに決済できるようになっています。

 

ロスカットルール(ろすかっとるーる)とは
証拠金維持率が一定レベルを下回ったときに、強制的に反対売買を行ってポジションを決済し、損失を確定するしくみのこと。