FX為替用語集か行

人気ランキング【無料期間あり】

1位 為替無双 FXトレードのプロ集団がリアルタイムの裁量トレードをあなたの口座に反映させます。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

2位 平田和生 元メリルリンチ証券No.1セールストレーダーであり、シンガポール大手銀行、UOBアセットマネジメントジャパン社長、日本投資顧問業協会の副部会長などを歴任してきた、平田和生(ひらたかずお)先生が、株式投資の銘柄を、定期的にお届けするものとなっております。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

3位 FX-Jin 会社員からシンガポールのヘッジファンドに弟子入りし、帰国後、プロの機関投資家として、株式とオプション取引で連戦連勝を実現させてきた、次世代の投資業界を担う若き二人の天才。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

FXトレード手法 人気ランキング

FX為替用語集 か行 一覧

外貨MMF(がいかえむえむえふ)
外貨建てMMF(がいかだてえむえむえふ)
外貨建て債券(がいかだてさいけん)
外貨定期預金(がいかていきよきん)
外貨普通預金(がいかふつうよきん)
外国為替市場(がいこくかわせしじょう)
外国為替証拠金取引(がいこくかわせしょうこきんとりひき)
外国債券(がいこくさいけん)
外国投信(がいこくとうしん)
外債(がいさい)
価格変動リスク(かかくへんどうりすく)
格付け(かくづけ)
確定申告(かくていしんこく)
為替(かわせ)
為替差益(かわせさえき)
為替差損(かわせさそん)

為替チャート(かわせちゃーと)
為替手数料(かわせてすうりょう)
為替変動リスク(かわせへんどうりすく)
為替予約(かわせよやく)
為替レート(かわせれーと)
カントリーリスク(かんとりーりすく)
基軸通貨(きじくつうか)
既発債(きはつさい)
逆指値注文(ぎゃくさしねちゅうもん)
金融先物取引法(きんゆうさきものとりひきほう)
決済注文(けっさいちゅうもん)
気配値(けはいね)
源泉分離課税(げんせんぶんりかぜい)

 

FX為替用語集 か行 詳細

外貨MMF(がいかえむえむえふ)とは
外貨投資信託の一種。元本保証ではないものの、高格付けの債券や短期の金融商品などによって安全性の高い運用をめざしています。
小額から投資でき、いつでも解約できる流動性の高さが魅力です。

 

外貨建てMMF(がいかだてえむえむえふ)とは
外貨MMF(がいかえむえむえふ)↑と同意。

 

外貨建て債券(がいかだてさいけん)とは
海外の政府や企業などが発行している債券。
外貨建てで発行される外貨建て外債が主流ですが、円建てで発行される円建て外債もあります。
外債は債券を発行している国や企業などが債務不履行を起こすと元利金が戻ってこない可能性もあるので、格付けに注意しましょう。

 

外貨定期預金(がいかていきよきん)とは
満期日の決まっている外貨預金のこと。
外貨普通預金に比べて金利が高いのが魅力です。

 

外貨普通預金(がいかふつうよきん)とは
いつでも自由に出し入れがができる外貨預金のこと。
日本円での普通預金と異なり、外貨定期預金があるにもかかわらず、外貨普通預金は取り扱っていない金融機関もあります。

 

外国為替市場(がいこくかわせしじょう)とは
外国為替の中心に位置しているマーケット。世界50カ所以上の主要な都市にネットワークが設けられています。

 

外国為替証拠金取引(がいこくかわせしょうこきんとりひき)とは
FX(えふえっくす)と同意。
外国為替証拠金取引のこと。
証拠金を差し入れることで、レバレッジを効かせ、多額の外貨を売買できるのが特徴です。
開国為替保証金取引とも呼ばれています。

 

外国債券(がいこくさいけん)とは
外貨建て債券(がいかだてさいけん)↑と同意。

 

外国投信(がいこくとうしん)とは
外国債券や外国株などで運用する投資信託。
なかでも、外国で設立され、その国の法律に基づいて設定・運用されているものを外国籍投信と呼びます。

 

外債(がいさい)とは
外貨建て債券(がいかだてさいけん)↑と同意。

 

価格変動リスク(かかくへんどうりすく)とは
価格の変動によるリスクのこと。

 

格付け(かくづけ)とは
格付機関が発行体の信用力を調査し、記号で表したものです。

 

確定申告(かくていしんこく)とは
1月1日から12月31日までの1年間の所得を計算し、所得税を納めること。
所得税の確定申告書の提出期限は、原則として毎年2月16日から3月15日までとなっています。

 

為替(かわせ)とは
国内・海外を問わず、現金以外の方法で金銭を受け渡しすること。
ただし、一般的には「為替」といえば外国為替を指す場合が多いようです。

 

為替差益(かわせさえき)とは
外貨を円高時に買い、円安時に売ることによって得られる利益のこと。

 

為替差損(かわせさそん)とは
外貨を円安時に買い、円高時に売ることによって被る損出のこと。

 

為替チャート(かわせちゃーと)とは
一定期間の為替レートの動きをグラフ化したもの。ローソク足が用いられるのが一般的です。

 

為替手数料(かわせてすうりょう)とは
通貨を交換するときにかかる手数料。
手数料の額は、金融機関や通貨、金融商品などによっても異なります。

 

為替変動リスク(かわせへんどうりすく)とは
為替レートの変動によるリスクのこと。

 

為替予約(かわせよやく)とは
為替相場の変動の影響を少なくするため、将来、受け渡しをする際の為替レートをあらかじめ予約できるシステムです。外貨先物予約とも呼ばれます。

 

為替レート(かわせれーと)とは
異なる通過を交換するときの交換比率のこと。
為替は24時間、世界中のどこかで取引されているため、為替レートも常に変動しています。

 

カントリーリスク(かんとりーりすく)とは
その国の政治や経済、社会の変化によって、投資したお金が回収不可能となる危険度のこと。

 

基軸通貨(きじくつうか)とは
世界の多くの国で通用する通貨のこと。
流通量が多く、通貨価格が安定しており、国際金融取引などで主要となる通貨のことをこのように呼びます。現在では米ドルが基軸通貨の役割を果たしています。

 

既発債(きはつさい)とは
すでに市場で売買されている債券のこと。新発債に比べて種類が豊富なのが魅力です。

 

逆指値注文(ぎゃくさしねちゅうもん)とは
実勢レートよりも不利なレートを指定することにより、損失を最小限に食い止めたり、利益を確定したりする注文方法。ストップ注文、ストップオーダー、とも呼ばれます。

 

金融先物取引法(きんゆうさきものとりひきほう)とは
2005年7月より、改正金融先物取引法が施行されました。
これにより、FXを扱うには金融先物取引業者としての登録が必要となりましたが、まだまだ法整備が万全とはいえないのが現状です。

 

決済注文(けっさいちゅうもん)とは
持っているポジションを決済してしまうこと。ポジションクローズとも呼びます。

 

気配値(けはいね)とは
外国為替市場で取引する際に基準となるレートのこと。市場参加者が取引を希望する価格を指します。

 

源泉分離課税(げんせんぶんりかぜい)とは
他の所得と切り離して一定の税率で所得税を源泉徴収し、それだけで納税が完結する課税方法。