FX自動売買ランキング

人気ランキング【無料期間あり】

1位 為替無双 FXトレードのプロ集団がリアルタイムの裁量トレードをあなたの口座に反映させます。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

2位 平田和生 元メリルリンチ証券No.1セールストレーダーであり、シンガポール大手銀行、UOBアセットマネジメントジャパン社長、日本投資顧問業協会の副部会長などを歴任してきた、平田和生(ひらたかずお)先生が、株式投資の銘柄を、定期的にお届けするものとなっております。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

3位 FX-Jin 会社員からシンガポールのヘッジファンドに弟子入りし、帰国後、プロの機関投資家として、株式とオプション取引で連戦連勝を実現させてきた、次世代の投資業界を担う若き二人の天才。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

FXトレード手法 人気ランキング

為替レートの円安と円高

円の為替レートのニュースなどでよく耳にするのが、円安と円高という言葉です。円高、円安とはどのような事象のことなのでしょう。円安は、他国の通貨と比較して円の価値が落ちていることをいいます。1ドルが80円に相当していた頃なら、80円で1ドル相当のキャンディが買えます。

 

これが円安になると、90円出してキャンディを買います。為替レートは円安方向へ向かったということになります。日本とアメリカ間の輸出は、円安になると輸出量が増えます。アメリカで日本製品が買いやすくなるためです。

 

反対に、アメリカから日本への輸出量は減ります。日本からすれば、アメリカの商品が高く買いづらくなるためです。反対に円高というのは、円の価値が上がることをいいます。日本への資金流入が進むことで、円の価値自体が上がります。

 

1ドル100円の円相場が1ドル95円になれば、円高になったといいます。円高とき、日本国内の株や債券を求める人が増えている状態です。アメリカ人が1ドル120円の時に日本の株を購入した場合、為替が1ドル100円になると株価が上昇しなくても為替差益で儲けることができます。

 

外国の投資家で、日本の株や債券を買う人は大勢いますが、それらの人達にとっては為替相場の値動きも重要になっています。為替の仕組みを知り、円高、円安がそれぞれ輸入、輸出にどのような影響を及ぼすかを知ると、為替取引がしやすくなります。