円キャリートレードと相場の関係

人気ランキング【無料期間あり】

1位 為替無双 FXトレードのプロ集団がリアルタイムの裁量トレードをあなたの口座に反映させます。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

2位 平田和生 元メリルリンチ証券No.1セールストレーダーであり、シンガポール大手銀行、UOBアセットマネジメントジャパン社長、日本投資顧問業協会の副部会長などを歴任してきた、平田和生(ひらたかずお)先生が、株式投資の銘柄を、定期的にお届けするものとなっております。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

3位 FX-Jin 会社員からシンガポールのヘッジファンドに弟子入りし、帰国後、プロの機関投資家として、株式とオプション取引で連戦連勝を実現させてきた、次世代の投資業界を担う若き二人の天才。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

FXトレード手法 人気ランキング

円キャリートレードと相場の関係

円キャリートレードとは、「円借り取引」とも呼ばれ、低金利である円で投資資金を調達し、それを外貨に換えて、相場商品や証券などの金融資産に投資する手法のことを言います。

 

円キャリートレードは、主に海外のヘッジファンドによって行われていますが、なぜ円が対象とされているのでしょうか?

 

それは、円が低金利通貨だからという理由だけではありません。

 

現在の円は、低金利である事に加えて、将来的な為替相場は円安に振れる可能性が高いと予測しているからです。

 

日本円は低金利で資金調達が出来る通貨であり、かつ、再び運用し終わった外貨を円に変換する際に円安になっていれば、為替差益をも得ることも出来るために、ヘッジファンドなどは円でキャリートレードを行っているのです。

 

この円キャリートレードと相場との関係を挙げれば、円キャリートレードにて調達した多くの資金は、投資商品市場へと流れていき、結果として原油や金などの商品相場が大きく押し上げられることなどがあります。

 

また、1998年には、円キャリートレードにて巨額投資を行っていた大手ヘッジファンドが破綻し、それに伴って他のヘッジファンドも一斉に円キャリートレードの解消を行い、ドル売り・円買いが進んで急激な円高となったこともあります。

 

このように、相場はファンダメンタルズ、つまり、経済の基礎的条件とは無関係に急激な変化を伴う可能性もあるのです。

 

最近では、個人投資家の間でも、この円キャリートレードが行なわれているため、その動きにも注意が必要だと言えるでしょう。

金利と為替の関係

為替を動かす要因のひとつに、各国の金利差があります。

 

一般的に、その国が低金利であった場合には、高金利の国の外貨にて運用した方が利益を得ることが出来ます。

 

そのため、低金利の国の場合には、自国の通貨が売られ、為替レートも低下します。

 

逆に、その国が高金利であった場合には、他の国から資本が流入してきますから、自国の通貨が買われ、為替レートも上昇します。

 

これを日本とアメリカに例えて、簡単に説明してみましょう。

 

日本の金利が下がった場合には、日本より金利の高いアメリカで資金を運用した方が利益を得られるため、円を売ってドルを買う人が増えます。

 

これが、「円売りドル買い」で、日本の為替レートが低下して、円安となるのです。この反対の現象が、円高になります。

 

ただ、現実の為替相場はそう単純なものとは限りません。

 

例えば、金利が10%も付くような高金利の国の通貨の場合でも、10%から8%に引き下げられただけで、金利における優位性が後退したという理由で却って売られやすくなってしまうこともあるのです。

 

それに、発展途上の国の通貨の場合、いくら高金利であったとしても、その国に資本が流入することはほとんどありません。

 

それは、発展途上国は政治的、経済的に不安定で、資金をいつでも出し入れ出来るような「マーケットの流動性」が備わっていないからです。

 

為替相場は金利だけで決まるものではなく、他の様々な材料や思惑で動いていることを覚えておくと良いでしょう。