為替介入・人民元とは?

人気ランキング【無料期間あり】

1位 為替無双 FXトレードのプロ集団がリアルタイムの裁量トレードをあなたの口座に反映させます。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

2位 平田和生 元メリルリンチ証券No.1セールストレーダーであり、シンガポール大手銀行、UOBアセットマネジメントジャパン社長、日本投資顧問業協会の副部会長などを歴任してきた、平田和生(ひらたかずお)先生が、株式投資の銘柄を、定期的にお届けするものとなっております。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

3位 FX-Jin 会社員からシンガポールのヘッジファンドに弟子入りし、帰国後、プロの機関投資家として、株式とオプション取引で連戦連勝を実現させてきた、次世代の投資業界を担う若き二人の天才。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

FXトレード手法 人気ランキング

為替介入とは?

為替介入とは、日本において財務省の指示で日本銀行が実施する為替市場への介入の事で、「外国為替平衡操作」とも呼ばれています。

 

介入を実施する目的としては、変動相場制において急激な為替レートの変動は、会社の経営等に悪影響を与え、ひいては日本経済に対しても悪影響を与える可能性があります。

 

そのような時に為替相場が乱高下しないよう、その動きを緩和する事を目的としているのです。

 

介入の方法としては、急激なドル安円高の時は円売りドル買いの介入を行い、急激な円安の時は円買いドル売りの介入を実施して、財務大臣の指示に基いて日本銀行が相場変動を緩やかにしようと試みます。

 

介入の資金は、財務省における「外国為替資金特別会計(外為会計)」の資金を活用して取引が行われます。

 

ドル買い円売りの時は、日本の金融市場において政府短期証券(FB)を発行して得た円資金にて、ドルを買い入れます。

 

逆に、ドル売り円買いの時には、外為会計の保有するドル資金を売却して、円を買い入れるのです。

 

介入の種類には、一国だけが介入する「単独介入」、複数の国が同時に介入する「協調介入」、または「委託介入」、「逆委託介入」等があり、為替に介入した実績は財務省より「外国為替平衡操作の実施状況」が公表されます。

 

また、「口先介入」と呼ばれるアナウンス効果を目的とした、発言だけで介入の行動が伴わない時もあります。

人民元とは?

人民元(じんみんげん)とは、中華人民共和国の通貨単位の事で日本語では慣用的に呼ぶ言葉です。

 

中国では通常、「人民幣(Renminbi、略称RMB)」と呼ばれています。

 

現在、人民元で流通している硬貨の種類は、1元、5角、1角、5分、2分、1分と6種類あり、1元=10角=100分という価値で、人民元の補足単位として使われています。

 

また、人民元で流通している紙幣の種類は、100元、50元、20元、10元、5元、1元と硬貨同様6種類あり、1元は硬貨にもありますが、紙幣でも存在しています。

 

人民元の為替制度は2005年、それまでの実質的な固定相場制から、通貨バスケット制を参考に調整した多通貨バスケット(ドル、ユーロ、円、ウォン等11通貨)による、管理変動相場制(管理フロート制)へシフトしました。

 

でも、実際にはドルの比重が高く、現在では実質的にドルと連動をとるドルペッグ制となっています。

 

中国はどうしてほかの先進国とは異なり、通貨の変動幅を中国人民銀行が管理する「管理変動相場制」を採用しているのでしょうか?

 

それは、一般的には経済が成長するに従ってその国の通貨の価値はだんだん高くなっていきますが、通貨の変動幅を政府が管理する事で通貨の価値を低く抑える事が出来る為です。

 

でも、現在では、高成長を続けている中国の経済力に比べ、人民元のレートは割安で不均衡だとの見方が米国を中心に強まってきている為、中国人民銀行では人民元制度改革に伴い、人民元切り上げを段階的に実施する方針を示しています。