ドル・コスト平均法っていったいなに?

人気ランキング【無料期間あり】

1位 為替無双 FXトレードのプロ集団がリアルタイムの裁量トレードをあなたの口座に反映させます。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

2位 平田和生 元メリルリンチ証券No.1セールストレーダーであり、シンガポール大手銀行、UOBアセットマネジメントジャパン社長、日本投資顧問業協会の副部会長などを歴任してきた、平田和生(ひらたかずお)先生が、株式投資の銘柄を、定期的にお届けするものとなっております。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

3位 FX-Jin 会社員からシンガポールのヘッジファンドに弟子入りし、帰国後、プロの機関投資家として、株式とオプション取引で連戦連勝を実現させてきた、次世代の投資業界を担う若き二人の天才。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

FXトレード手法 人気ランキング

ドル・コスト平均法っていったいなに?

毎月一定金額ずつ購入していく方法を「ドル・コスト平均法」といいます。この方法をとると、購入のタイミングをずらして時間の分散をする効果があります。また、価格が高いときには少なく、価格が低いときにはたくさん買うことになるため、毎月一定口数ずつ購入していく方法よりも、平均購入単価を抑える効果があることがわかっています。

為替レートによって税額も変わってくる

このケースで、仮に引き出し時の為替レートが1ドル=110円だったとしましょう。この場合、日本円での利息は3万3000円。税率は20%ですから、6,600円が源泉徴収されることになります。ところが、予想外に円安が進み、1ドル=120円になっていたとすると、ドルベースでの利息が同じ300ドルであっても、日本円での利息は3万6000円とより多くなります。したがって、税金も7,200円と増えることになるわけです。

為替差益は総合課税の対象

円安により獲得した為替差益は税法上、雑所得として扱われ、総合課税の対象となります。総合課税の場合、税率は総所得金額や控除の額によって変わってくることになります。

高い分配金が人気の秘訣

預貯金よりも高い利回りが得られることから、個人投資家の間で人気が広がっているのが、海外債券型の投資です。なかでも人気を集めているのが、グローバル・ソブリン・オープンに代表される毎月分配型です。これたの投資は、毎月、安定した分配金を受け取ることができるのが、大きなウリになっています。このようなことが可能な理由は、高金利の外債で運用しているから。利回りの高い海外の債券で運用することによって安定的な利回りを確保し、それを毎月の分配金にあてているというわけです。

円建てタイプが主流だが・・・

毎月分配型の海外債券型投資の主流を占めているのは、円建てタイプのものです。円建てタイプの投信といっても、外債で運用している以上、実際には外貨建てで運用を行っているはずです。それにもかかわらず、基準価額も分配金も円建てになっているということは、そのときどきの為替レートで運用資産を日本円に換算し、基準価額や分配金が決まっているということ。外債に直接投資する場合と異なり、表立って為替手数料がかからないのがメリットですが、反面、運用によって資産が増減したのか、為替の影響で資産が増減したのかがわかりにくいのがデメリットといえます。

格付けが低いほど利回りが高い

格付けが高いほど安定性は高く、利回りは低いというのが外債のセオリーです。この基本は、外債で運用する投信でも変わりません。つまり、分配金の高い投信は総じて格付けが低い外債で、分配金の低い投信は格付けの高い外債で運用されているということになります。格付けが低く利回りが高い債券は「ハイイールド債」、格付けが優秀な債券は、「ソブリン債」など呼ばれています。投信の名前にこれらのキーワードがついていることもあるのでチェックしてみましょう。高い利回りを狙いたいのであれば、あえて格付けの低い債権を多く組み入れている投信を選ぶというのもひとつの手法です。ただし、格付けが低い分だけ、ハイリスクであるということをしっかりと念頭に置いた上で投資を行う必要があるでしょう。

積立感覚で預金できる商品も

このドル・コスト平均法のメリットを生かすことができるのが、外貨積立です。最近では、外貨預金をする人が増えてきたことを受けて、普通預金の口座から自動的に外貨預金の積立投資ができる便利なサービスも登場しています。例えば、三菱東京UFJ銀行の外貨貯蓄預金「継続預入プラン」は、指定した普通預金口座から毎月一定額を引き落とし、自動的に外貨を買い付けていくタイプの商品です。「継続預入プラン」を利用するには別途に申し込みが必要ですが、特別なサービス料などはかかりません。また、毎月の自動振替の手数料も不要となっています。毎月1万円から預入ができるので、少額から無理なく外貨預金を始めたいという人や、海外旅行に向けて外貨をコツコツと積み立てたいという人にとってはうれしいサービスともいえるでしょう。

通貨の分散も効果的

価格変動のある外貨への投資リスクを抑えるためには、複数の通貨への分散投資も効果的です。なぜなら、値動きのパターンの異なる通貨どうしを組み合わせることができるからです。世界の基軸通貨である米ドルや欧州通貨のユーロに、高金利通貨のオーストラリアドルやニュージーランドドルを組み合わせていくといいでしょう。一度手続きをしておけば、毎月自動的に外貨が買える手軽さが魅力の外貨積立ですが、その手軽さゆえにアフターケアを怠ってしまいがち。定期的に為替に関するニュースを見る習慣をつけるようにしましょう。

 

「貯蓄」と「投資」はどう違う?

金融資産の運用には大きく分けて「貯蓄」と「投資」の2つの方法があります。この2つは、いったいどこがどのように違うのでしょうか?「貯蓄」とは、端的にいえば、増やすことよりも貯めることに重きをおいたものです。元本が保証されている銀行や郵便局の預貯金がその主たるものです。一方、「投資」は、貯めることより増やすことを重視しています。株式投資や投信信託などは、その名前からも分かるように典型的な「投資」です。では、「外貨預金」での運用は「貯蓄」と「投資」、とちらの方法に当たるのでしょうか?「外貨預金」には外貨普通預金と外貨定期預金があります。どちらも商品のしくみは基本的に日本円での普通預金や定期預金と同じ。つまり、あらかじめ金利が約束されており、外貨ベースでは元本割れリスクはありません。そういう意味では立派な貯蓄商品といえそうです。 ただし、実際に元本割れしないのかというと、そうではありません。外貨商品に為替変動リスクはつきものです。満期や解約のときに預け入れ時よりも円高に振れていたらあっさり元本を割ってしまうこともあります。しかし、反対に円安に振れていたら、金利に加えて為替差益も受け取れ、予想外の運用成績を上げることができるのです。こういった意味では、投資商品の一面もしっかりと持ち合わせているといえるでしょう。まさに、外貨預金はジキルとハイド。2つの性質を兼ね備えた商品なのです。ところで、外貨預金には、「貯蓄」と「投資」のメリットをどちらも受けることができる、とっておきの方法があります。それは、外貨預金で増えたお金を外貨のまま使ってしまうという方法。再び日本円に戻す必要がないので、為替手数料が片道だけですみのもうれしいです。海外旅行によく行く人や、これから海外留学を考えている人にはおすすめの方法です。

一番注意したいのは価格変動リスク

外貨預金には、円預金にはないさまざまなリスクがあります。その代表が、為替変動リスクです。為替レートは外国為替市場の動向によって刻一刻と変動します。いくら金利が高くても、為替レートの動向によっては元本割れを起こす可能性があります。ただし、こうした為替差損を回避するための方法がまったくないわけではありません。例えば、あらかじめ為替予約をしておくというのもひとつの方法です。時間がたっぷりと残されているのなら、そのまま運用を続け、円安になるのを気長に待つという方法もあるでしょう。また、外貨を日本円に換金せず、トラベラーチェックや現金として引き出し、海外旅行先などで利用するという方法もあります。