FXのリターンとリスク

人気ランキング【無料期間あり】

1位 為替無双 FXトレードのプロ集団がリアルタイムの裁量トレードをあなたの口座に反映させます。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

2位 平田和生 元メリルリンチ証券No.1セールストレーダーであり、シンガポール大手銀行、UOBアセットマネジメントジャパン社長、日本投資顧問業協会の副部会長などを歴任してきた、平田和生(ひらたかずお)先生が、株式投資の銘柄を、定期的にお届けするものとなっております。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

3位 FX-Jin 会社員からシンガポールのヘッジファンドに弟子入りし、帰国後、プロの機関投資家として、株式とオプション取引で連戦連勝を実現させてきた、次世代の投資業界を担う若き二人の天才。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

FXトレード手法 人気ランキング

リターンとリスク

「FXはハイリスク、ハイリターンの商品だ」なんて言葉は、よく耳にしますよね。それでは、FXはどうして、このようにハイリスク、ハイリターンだといわれているのでしょうか?その一番の原因は、レバレッジにあります。

 

このレバレッジとは、あなたがFX業者に証拠金として預けている金額以上の金額で、売買ができるという仕組みです。現在では、レバレッジ規制されているために最高で50倍しかかけることができませんが、それでもかなりの金額となることは確かですね。

 

このように、手元の金額よりも大きな金額を運用することができるために、もしも自分のポジションが有利な方向に動いたタイミングで決済を行うと、大きなリターンを得ることができるのです。もちろん、その反対のパターンもあります。

 

もしも自分のポジションが不利な方向に動いてしまったら、その分の損失もより大きくなります。そして、損失額がある一定の基準を上回ってしまうと、強制的に決済、つまり、ロスカットされてしまうのがFXなのです。

 

この時、FX業者に預けていた以上の金額の損失額を出してしまうことも、可能性としては十分にありますので、これがハイリスクといわれている理由でしょう。

 

しかし、FXがハイリスク、ハイリターンだといわれているのは、リターンを求め過ぎてレバレッジを高く設定していることが最大の原因です。

 

自分がどれくらいの損失に耐えられるかをきちんと計算し、その範囲内のレバレッジにて運用していれば、FXはローリスク、ローリターンの商品にもなりえますよ。

長期トレード向けの業者選び

資金力に十分な余力があり、大きく儲けたいと思っている人、かつ、忙しくてパソコンの前に常駐するのが難しいような人は、やはり、長期トレードに向いていると言えるでしょう。

 

長期トレードはリスクも高いですから、どうしても資金力が必要になります。さて、いざ始めようという場合には、業者選びが重要ポイントになるでしょう。

 

たくさんの業者の中から選ばなければならないわけですが、長期トレードを行うつもりであれば長期トレードに有利な業者を選びたいものです。各業者はそれぞれに色々な特徴を持っています。

 

資本金も違えば、サービス内容も違います。デイトレードなどの短期決済を行う場合には、手数料の金額は利益に大きく関係してきます。取引を行う度に引かれるわけですから当然ですね。

 

しかし、長期トレードでは数円程度の手数料の違いなどはあまり問題になりえないでしょう。また、スプレッドの違いもそれほど問題になりません。

 

長期トレードで一番重要視したいのは、まず何よりも信頼性と安全度ではないでしょうか?長期間資金を預けてあると、その間に業者が証拠金を使い込んでしまったり、倒産してしまったりして払い戻しができなくなるという危険性があります。

 

それらを回避するために、できるだけ安全で、安心できる信頼度の高い業者を選びたいものです。

 

では、どうすれば良いか?ということになりますが、長期トレードではくりっく365を利用するのが最も安心と言えるのではないでしょうか?