FXにかかる税金

人気ランキング【無料期間あり】

1位 為替無双 FXトレードのプロ集団がリアルタイムの裁量トレードをあなたの口座に反映させます。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

2位 平田和生 元メリルリンチ証券No.1セールストレーダーであり、シンガポール大手銀行、UOBアセットマネジメントジャパン社長、日本投資顧問業協会の副部会長などを歴任してきた、平田和生(ひらたかずお)先生が、株式投資の銘柄を、定期的にお届けするものとなっております。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

3位 FX-Jin 会社員からシンガポールのヘッジファンドに弟子入りし、帰国後、プロの機関投資家として、株式とオプション取引で連戦連勝を実現させてきた、次世代の投資業界を担う若き二人の天才。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

FXトレード手法 人気ランキング

かかる税金

年末が近づいてくると、FXで利益を得た方は一体どれくらいの税金が掛かるのか気になりますよね。それでは、FXに掛かる税金ってどれくらいになるのでしょう。

 

まず、FX取引の種類には、大きく分けて、「店頭取引」と「くりっく365」とがあります。店頭取引の場合、一年間の合計所得によって税率が変わってきます。給与所得者の場合には、その給与も含んだ額で合計所得が計算されますので、注意してください。

 

現在、決められている所得税と住民税を含んだ税率は、

 

・所得が0〜195万円以下の場合・・・15%
・所得が195万円超〜330万円以下の場合・・・20%
・所得が330万円超〜695万円以下の場合・・・30%
・所得が695万円超〜900万円以下の場合・・・33%
・所得が900万円超〜1800万円以下の場合・・・43%
・所得が1800万円超えの場合・・・50%

 

となっています。

 

くりっく365の場合、店頭取引とは異なり、給与所得などと合計する必要はありません。所得税と住民税を含んだ一律20%の税率なので、所得の多い人にとっては、くりっく365の方が税金面で考えると有利なのではないでしょうか?

 

ちなみに、FXで得た利益は税制上、「雑所得」となります。もし、この全ての雑所得の合計が20万円よりも少なければ確定申告の必要はないのです。つまり、雑所得となる他の収入がなく、FXの利益も20万円より少なければ、税金は掛からないということですね。

短期トレード向けの業者選び

最近では、FXを副業として始めようという方が増えているようです。その場合、どちらかというと、余剰金の運用というよりも、家計の足しにと考える方が多く、より確実に、リスクを減らして儲けたいと思う方が多いでしょう。

 

そんな方達が短期トレードを行う際に、まず最初にしなければならないのがFXの業者選びです。近頃では、様々なところで「無料で口座が作れる」「今登録すれば◯◯万円プレゼント」なんて広告を見かけることがあります。

 

もちろん、そういったサービスも魅力的でしょうが、続けていくつもりであれば、各業者のサービス内容を詳しく確認する必要があるのです。例えば、短期トレードの場合、1回1回の利益はとても少ないわけです。

 

そして、その少ない利益の中から、毎回手数料として支払わなければならない金額は1円でも少ない方がいいですよね。場合によっては、一日に何度も取引を行うわけですから、その都度かかってくる手数料は、少しでも安い方がいいということになります。

 

ただ、中には、取引手数料が無料のFX業者もいます。当然ながら、手数料は無料の方がいいに決まっていますよね。それだけではありません。取引できる最低の通貨にも業者間による違いがあります。

 

1回の取引が10,000通貨以上の業者がほとんどなのですが、1,000通貨から受けてくれる業者もあるのです。スプレッドの違いも短期トレードでは大きいですよ。

 

元々20銭の利幅で売却したのに、スプレッドが10銭もあったのでは利益は半減してしまいます。業者選びではこれらを必ず確認しましょう。