FXを取引する流れ

人気ランキング【無料期間あり】

1位 為替無双 FXトレードのプロ集団がリアルタイムの裁量トレードをあなたの口座に反映させます。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

2位 平田和生 元メリルリンチ証券No.1セールストレーダーであり、シンガポール大手銀行、UOBアセットマネジメントジャパン社長、日本投資顧問業協会の副部会長などを歴任してきた、平田和生(ひらたかずお)先生が、株式投資の銘柄を、定期的にお届けするものとなっております。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

3位 FX-Jin 会社員からシンガポールのヘッジファンドに弟子入りし、帰国後、プロの機関投資家として、株式とオプション取引で連戦連勝を実現させてきた、次世代の投資業界を担う若き二人の天才。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

FXトレード手法 人気ランキング

FXを取引する流れ

円高になると、チャンスとばかりにFXを始める人達が増えてきますね。そこで、FXで取引をする流れをご紹介していきます。まず、最初にやらなければならないことは、FXの取引業者に口座を開設することです。

 

最近では、ネット上で必要書類をアップロードするだけですぐに開設できるようになっていますので、とても便利ですね。自分の口座が開設されたら、指定口座に証拠金を入金すれば、これでFX取引の準備はOKです。

 

もし、お目当てのペアがあれば、早速売買してみましょう。FXの場合、現物株とは異なり、「買い」からでも「売り」からでも、どちらからでも入ることができるため、利益を出すチャンスを逃すことがないのが魅力の一つです。

 

けれど、初心者の場合、最初のうちは売りから入ることに抵抗を覚えるかもしれません。また、売りから入ってしまうと、スワップポイントと呼ばれている利子のようなものを毎日支払う必要がありますので、注意が必要です。

 

ちなみに、買いから入ると、スワップポイントを毎日受け取ることができます。自分のポジションが有利になって、目標としていた利益に到達したならば決済を行います。そこで初めて、利益が確定するのです。

 

反対に、ポジションが不利になってしまって損失が出てしまっても、決済を行わない限り損失は確定されません。ただし、一定以上に損失が大きくなってしまったら、強制的にFX業者から決済されてしまい、損失が確定されてしまいます。

デイトレードとは?

かつて日本の一般人が行う資産運用といえば預貯金でした。しかし、バブル崩壊後には銀行が倒産したり、預金してもほとんど利息がつかない状況が長く続き、最近では普通の主婦でも株やFXなどで資産運用を始める人が増えています。

 

でも、株やFXといえば大変ギャンブル性の高い投資という印象が強い人が多いことでしょう。実際、預金ではマイナスになったり、損をすることはありませんが、株やFX取引では大きな利益を得ることがある反面、大きく損をする危険性もあるのは事実です。

 

ですから、初心者にはなかなか手が出しづらいと言えるでしょう。FXのデイトレードとは、そんな初心者のリスクを最小限に留めることができるシステムです。

 

FXの売買は安く買って高く売ればその差額が利益となりますから、これから上がると思われる外貨を購入しておいて、最高値と思われるところで売るというのが理想です。

 

とはいえ、素人にはそういう判断が難しいのが現実ですね。デイトレードとは、購入したその日に売却するという取引方法で、日計り取引と呼ばれます。

 

一日の間にそれほど大きく変動することはありませんから利益も小さな幅ですが、損をする場合にも大損にはならないというのがメリットです。

 

初心者でもいきなり大損をしてしまうような大きな失敗が少ないため、初心者に向いている取引方法だと言われています。

 

もちろん、利益を出すためには、少しでも安い価格の時間帯に購入し、少しでも上がったら売却する必要があります。