FXのチャートの見方

人気ランキング【無料期間あり】

1位 為替無双 FXトレードのプロ集団がリアルタイムの裁量トレードをあなたの口座に反映させます。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

2位 平田和生 元メリルリンチ証券No.1セールストレーダーであり、シンガポール大手銀行、UOBアセットマネジメントジャパン社長、日本投資顧問業協会の副部会長などを歴任してきた、平田和生(ひらたかずお)先生が、株式投資の銘柄を、定期的にお届けするものとなっております。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

3位 FX-Jin 会社員からシンガポールのヘッジファンドに弟子入りし、帰国後、プロの機関投資家として、株式とオプション取引で連戦連勝を実現させてきた、次世代の投資業界を担う若き二人の天才。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

FXトレード手法 人気ランキング

チャートの見方

投資の経験がある方ならば、「チャート」という言葉はよく耳にすると思いますが、投資の経験がない方の場合は、まずチャートの見方から勉強する必要があります。それでは、一体、どのような見方をすれば良いのでしょう。

 

まず、チャートとは、過去の値動きを時間ごとに区切ってグラフ化したものです。よく、白や黒の四角が横にたくさん並んでいる図があると思いますが、あれがチャートの基本のローソク足というものですね。

 

ローソク足には、その期間の高値、安値、始値、終値が示されていて、上下に出ているヒゲの部分と四角の胴体の部分とに分かれます。ヒゲも含めて一番下の値段がその時の「安値」、ヒゲも含めて一番上の値段がその時の「高値」を示しています。

 

上部分のヒゲが長い場合には、「一度大きく上昇して、その後、急落した」、下部分のヒゲが長い場合には、「一度大きく下げて、その後、急騰した」と読むことができます。

 

また、胴体部分の始値が下で終値が上であれば、陽線で価格が上昇しているということになりますし、胴体部分の始値が上で終値が下の場合には、陰線で価格が下降していると読むことができるでしょう。

 

このように、ローソク足を見るだけで相場の流れがどちらに傾いて来ているのかを判断することができるのです。

 

チャートの基本的な見方をマスターすることはとても大切ですが、実践にて自分なりの得意とするチャートのパターンを見つけると、勝率もかなりアップしていくはずです。

くりっく365って?

FXを初めてみようと調べ始めると、おそらくほとんどの人が「くりっく365」という言葉に出会うことでしょう。くりっく365とは、公設されている取引所で取引を行う外国為替証拠金取引です。

 

外国為替証拠金取引では、業者が破産・倒産してしまったり、悪徳業者による被害が増えてくるという事態に陥りました。

 

このため、金融庁が規制をかけることになり、公設市場が設けられることになりました。つまり、公設の取引所を介した取引を行うことにより、ユーザーはより安全に取引を行うことができるということです。

 

くりっく365を扱う業者はたくさんありますから、その中から選ぶことになるわけですが、通貨ペアや通貨取引単位は共通となっています。

 

通貨ペアは7ペアで、ドル・ユーロ・ポンド・オーストラリアドル・フラン・カナダドル・ニュージーランドドルと少ないことがデメリットでもありますが、これはどの業者を利用しても同じです。

 

ですから、業者選びはサービスの違いで選ぶことになると思います。くりっく365を扱える業者は、厳しい審査を通った業者のみです。そのため、安全という意味でとても人気の高い商品です。

 

くりっく365のメリットとしては、証拠金全額を取引所に預託するという点で、これによって業者の運用ミスなどの焦げ付きで戻ってこないというようなリスクを回避できます。

 

また、くりっく365は、手数料が安いことも大きな魅力と言えるでしょう。