トレンド系チャートとは?

人気ランキング【無料期間あり】

1位 為替無双 FXトレードのプロ集団がリアルタイムの裁量トレードをあなたの口座に反映させます。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

2位 平田和生 元メリルリンチ証券No.1セールストレーダーであり、シンガポール大手銀行、UOBアセットマネジメントジャパン社長、日本投資顧問業協会の副部会長などを歴任してきた、平田和生(ひらたかずお)先生が、株式投資の銘柄を、定期的にお届けするものとなっております。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

3位 FX-Jin 会社員からシンガポールのヘッジファンドに弟子入りし、帰国後、プロの機関投資家として、株式とオプション取引で連戦連勝を実現させてきた、次世代の投資業界を担う若き二人の天才。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

FXトレード手法 人気ランキング

トレンド系チャートとは?

FXを行う際に、チャートの分析は欠かせません。

 

勘のみに頼った投資と比べ、チャート分析を行うことによって、確実に利益を生み出すことが可能となるからです。

 

過去の価格や時間などのデータをもとに作られた「テクニカル指標」と呼ばれているものを利用するチャートは、大きく「トレンド系」と「オシレーター系」に分けることが出来ます。

 

「トレンド系」と呼ばれているチャートには、代表的なもので移動平均線や一目均衡表、ローソク足などが挙げられます。

 

このチャートを利用して、相場が現在上昇傾向にあるのか、それとも下降傾向にあるのかという相場の方向性、つまり、トレンドを分析するのです。

 

もし、上昇しているようであれば買い、下降しているようであれば売り、といった順張りの投資の際に利用すると良いでしょう。

 

また、トレンド系のチャートは相場の流れを判断するので、どちらかというと一日で取引を終了するデイトレードよりも、中・長期的な投資を目的としている場合に向いています。

 

トレンド系のチャートだけでも様々な種類が存在していますが、全てを使いこなす必要はありません。

 

いくつかのチャートを試してみて、あなたが一番使い勝手の良い、相場の判断がしやすいようなチャートを利用すると良いでしょう。

 

それに、トレンド系だけではなく、さらにオシレーター系のチャートをうまく組み合わせて分析することで、相場の方向性と買い時や売り時の判断をより確実に行うことが出来るようになると思います。

 

FXと外貨預金の違い

日本の超低金利を背景にして、最近では金利の高い外貨預金にシフトしている人も多いようですね。

 

人気のFXも外国為替を扱っている商品ですが、それではFXと外貨預金の違いとは一体何なのでしょう。

 

まず、外貨預金。外貨預金は、銀行で金利の高いドルなどの外国の通貨を買って、普通預金と同じように口座に預けておくものです。

 

わざわざ証券会社に口座を開く必要もなく、普段利用している銀行で行えるので高金利を手に出来る手軽な資産運用と言えるでしょう。

 

けれど、外貨預金の場合は、為替手数料が比較的高いのが難点です。

 

また、円高の時に外貨を買って円安の時に円に交換しないと、為替差益により思わぬ損が発生する危険性があります。

 

一方のFX。

 

FXは、証券会社などの販売業者に証拠金を預け、自分の資産以上の金額で外貨の売買が出来る「外国為替証拠金取引」と言われているものです。

 

外貨預金と違う所は、買いだけではなく「売り」からも入ることが出来るところで、円高の時でも円安の時でも、どちらからでも運用を始めることが出来ます。

 

それに、自分の資産以上の金額を投資することが出来るので、上手くいけば短期間で資産を増やすことも可能です。

 

FXにて長期運用を行う場合には、外貨預金の金利にあたる「スワップ」を毎日受け取ることも出来ます。

 

外貨預金の場合には、途中で解約すると解約手数料が発生する場合もありますが、FXの場合はいつでも好きな時に決済出来るので、それだけ自由度が高い金融商品と言えるでしょう。