オシレーター系チャートとは?

人気ランキング【無料期間あり】

1位 為替無双 FXトレードのプロ集団がリアルタイムの裁量トレードをあなたの口座に反映させます。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

2位 平田和生 元メリルリンチ証券No.1セールストレーダーであり、シンガポール大手銀行、UOBアセットマネジメントジャパン社長、日本投資顧問業協会の副部会長などを歴任してきた、平田和生(ひらたかずお)先生が、株式投資の銘柄を、定期的にお届けするものとなっております。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

3位 FX-Jin 会社員からシンガポールのヘッジファンドに弟子入りし、帰国後、プロの機関投資家として、株式とオプション取引で連戦連勝を実現させてきた、次世代の投資業界を担う若き二人の天才。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

FXトレード手法 人気ランキング

オシレーター系チャートとは?

FXは外国為替を扱う商品ですが、為替がどちらの方向に流れるかを予測することはプロでも困難だと言われています。

 

そこで登場するのがチャートです。

 

チャートを利用することで過去の動きを参考にし、今後の相場がどちらの方向に向かうのか分析することが出来るのです。

 

このテクニカル分析には、「トレンド系」と呼ばれているものと、「オシレーター系」と呼ばれているものの、二種類があります。

 

「オシレーター系」と呼ばれているチャートには、代表的なものでRSIやMACD(マックディー)、ストキャスティクスなどが挙げられます。

 

これらのチャートを利用して、相場が現在、売られ過ぎているのか、それとも買われ過ぎているのかを分析するのです。

 

もし、売られ過ぎているようであれば、そろそろ上がると判断して「買い」、買われ過ぎているようであれば、そろそろ下がると判断して「売り」と言った、逆張りの投資の際に利用すると良いでしょう。

 

また、オシレーター系のチャートは、一定期間の価格が売られ過ぎなのか、買われ過ぎなのかを判断するので、レンジ相場の場合の逆張りに向いています。

 

FXでは、チャート分析が7割とも言われています。

 

なんとなく値ごろ感からエントリーするような投資スタイルの場合には、このチャート分析を行うと、今まで以上に利益が上がるようになると思います。

 

ぜひ、チャート分析をこれからの投資に役立てるようにしてください。

信託保全とは?

FX取引を始める際にFX業者へ証拠金を預けますが、もし、そのFX業者が破綻した場合、あなたが預けた証拠金はどうなってしまうのでしょう。

 

ちょっと不安になりませんか?

 

FX取引では、2009年から施行された金融商品取引法により、顧客の預けた資金とFX業者の資金とは完全に区別して管理することが定められています。

 

これを「信託保全」と言います。

 

万が一、FX業者が破綻した場合でも、信託保全された財産は債権者が強制執行や仮差し押さえ、仮処分等が出来ないようになっているのです。

 

つまり、預けた資金が信託保全されていることにより、FX業者が破綻した場合でも確実に返還されるようになっているという訳です。

 

けれど、信託保全が義務付けられているとは言っても、FX業者によっては、日々発生するスワップポイントなどを資産に含めるのかどうか、評価損益はどうするのか、毎日の資金を信託保全しているのか、それとも週ごとに行っているのかなど、細かい部分で規約が異なっています。

 

また、信託保全を委託している金融機関ももちろん異なります。

 

FX業者を選択する際には、この信託保全はとても重要なポイントです。

 

あなたの大切な資産は自分で守らなくてはなりません。

 

手数料やスワップポイント、スプレッドなどもFX業者を選択する重要な判断基準ですが、そのFX業者がどのように証拠金の信託保全を行っているのかも、きちんとチェックするようにしましょう。