逆指値注文とは?

人気ランキング【無料期間あり】

1位 為替無双 FXトレードのプロ集団がリアルタイムの裁量トレードをあなたの口座に反映させます。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

2位 平田和生 元メリルリンチ証券No.1セールストレーダーであり、シンガポール大手銀行、UOBアセットマネジメントジャパン社長、日本投資顧問業協会の副部会長などを歴任してきた、平田和生(ひらたかずお)先生が、株式投資の銘柄を、定期的にお届けするものとなっております。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

3位 FX-Jin 会社員からシンガポールのヘッジファンドに弟子入りし、帰国後、プロの機関投資家として、株式とオプション取引で連戦連勝を実現させてきた、次世代の投資業界を担う若き二人の天才。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

FXトレード手法 人気ランキング

逆指値注文とは?

逆指値注文(ストップロスオーダ)とは、指定した値段よりも高くなったら「買い」の注文を、指定した値段よりも低くなったら「売り」の注文を行うことです。

 

本来ならば、より低い値段で買い、より高い値段で売るのが基本です。

 

けれど、逆指値注文の場合には、より高い値段で買い、より低い値段で売ることになります。

 

例えば、もしあなたが1ドルを100円で買っていたとします。

 

その後、相場の流れが下降してしまい、現在のレートが1ドル95円になっていた場合、あなたは含み損を抱えていることになります。

 

今後、買値まで戻せばいいのですが、相場の流れがまだ下降していたとしたら、あなたの含み損はどんどん大きくなっていくことになり、最終的には強制的にロスカットさせられるかもしれません。

 

そうならないために、自分で損切りのレートを指定して注文できる方法が「逆指値注文」です。

 

現在のレートが1ドル95円の場合に、あなたが93円で損切りしようと思ったら、逆指値注文で「1ドル93円で売り」とすれば良いのです。

 

この逆指値注文は、損を膨らませないためにもFXトレードには欠かせない注文方法と言えるでしょう。

 

また、相場の流れが上昇していると感じた場合、逆指値注文で買いを入れることもできます。

 

現在の値が1ドル99円の場合、100円が抵抗線でこれを超えると強く上がると感じたら、「1ドル101円で買い」と注文すれば良いのです。

 

このように、値動きが激しく、どちらに転ぶかわからない場合にも、逆指値注文を利用すると便利です。

売りから入ったら?

FXの魅力の一つに、「買い」からだけではなく、「売り」からも入れることが挙げられます。

 

株の信用取引を行っていた人にはスムーズに理解出来るかもしれませんが、現物株の取引だけを行っていた人にしてみれば、最初は売りから入るのに多少のとまどいを感じてしまうかもしれませんね。

 

けれど、この売りからも入れることで利益を得るチャンスが二倍になるのです。

 

株の場合、株価が安い時に買って、株価が値上がりした時に売り、その差額を利益として手に入れます。

 

でも、実際には、株価が高い局面ではお目当ての株価が下がるまでじっと待っていなければなりません。

 

それでは、資金も有効活用出来ませんよね。

 

そこで、「売りから入る」という考え方になるのです。

 

売りから入ることが出来れば、例え株価が上がっていたとしても、まずはそこで株を売っておき、値が下がった時点で買い戻せばいいだけの話です。

 

この売りから入ることが出来るお陰で、FX取引においては上昇相場でも下降相場でも、どんな相場の場合でも、均等に利益を上げるチャンスがあるのです。

 

ここが、同じ外貨を取引している外貨預金との決定的な違いでしょう。

 

売りから入ることを覚えるだけでも、利益をあげる可能性はグンと高くなるはずです。

 

相場が上がり過ぎていて、そろそろ下がる頃だろうと思った場合には、ぜひ売りから入ることに挑戦してみてください。

 

きっと、買いから入ることと何ら変わりのないことに気付くと思います。