OCO注文と成行注文

人気ランキング【無料期間あり】

1位 為替無双 FXトレードのプロ集団がリアルタイムの裁量トレードをあなたの口座に反映させます。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

2位 平田和生 元メリルリンチ証券No.1セールストレーダーであり、シンガポール大手銀行、UOBアセットマネジメントジャパン社長、日本投資顧問業協会の副部会長などを歴任してきた、平田和生(ひらたかずお)先生が、株式投資の銘柄を、定期的にお届けするものとなっております。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

3位 FX-Jin 会社員からシンガポールのヘッジファンドに弟子入りし、帰国後、プロの機関投資家として、株式とオプション取引で連戦連勝を実現させてきた、次世代の投資業界を担う若き二人の天才。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

FXトレード手法 人気ランキング

OCO注文とは?

OCO(オーシーオー)注文とは、指値と逆指値を組み合わせて注文を行うことです。

 

OCO注文を行うことで、持っているポジジョンに対して利益確定と損切りの注文を同時に行うことができます。

 

例えば、あなたが1ドルを100円で買っていたとします。

 

もし、1ドル105円になったら利益を確定し、1ドル95円になったら損切りをして売りたいと考えたとしましょう。

 

その場合は、OCO注文にて、まず「1ドル105円で売り」と指値注文で設定し、次に「1ドル95円で売り」と逆指値注文で設定して、注文を出します。

 

その後、もし、相場が上昇して1ドル105円になった場合には、利益確定の指値注文が約定し、95円で出していた逆指値注文は自動的にキャンセルされます。

 

逆に、もし相場が下降して1ドル95円になった場合には、損切りの逆指値注文が約定し、105円で出していた指値注文は自動的にキャンセルされます。

 

OCOとは、「One Cancel Other」の略で、片方の注文が成立すると、もう片方の注文はキャンセルされるという意味です。

 

OCO注文を出しておけば、後は自動であなたが指定したレートで利益確定や損切りを行ってくれます。

 

FX初心者の場合は、利益確定や損切りのタイミングを逃さないためにも、新規のポジションを取った場合には、すぐに決済のOCO注文を入れておくクセをつけることをオススメします。

成り行き注文とは?

成り行き注文とは、現在表示されているレートでリアルタイムに売ったり、買ったりの注文を行うことです。

 

現在表示されているレートで、すぐに売買したい際に利用します。

 

この注文方法は、最も単純で基本的な注文方法と言えるでしょう。

 

例えば、現在のレートが1ドル100円だったとします。

 

この時、あなたが1ドル100円で売ったり買ったりしたいと思ったら、すぐに成り行きで注文を出しましょう。

 

すると、その瞬間に、1ドル100円で売買を約定させることができます。

 

つまり、成り行き注文とは、現在のレートですぐに買いたい場合やすぐに売りたい場合に利用する注文方法なのです。

 

ただ、ここで注意が必要なのですが、よく株取引で行われている「成り行き注文」とは厳密には異なります。

 

株取引で行われている「成り行き注文」とは、いくらでもいいから売買を成立させたい場合に利用し、注文を出した瞬間にどんなに値が動いても約定してしまいます。

 

ところが、FXにおける「成り行き注文」とは、現在のレートで注文を行ったとしても相場が大きく変動している場合には、注文した際のレートが大きく動いてしまい、注文がキャンセルされ、成立しない場合があるのです。

 

このため、どれくらいの誤差ならば許容して約定させるかを設定できるFX業者もあります。

 

もし、相場が加熱気味でレートの変動が大きいと感じたら、希望のレートを指定できる注文方法に変えるなどして、成り行きで注文を出すのは控えた方が無難かもしれませんね。