IFD注文とIFO注文

人気ランキング【無料期間あり】

1位 為替無双 FXトレードのプロ集団がリアルタイムの裁量トレードをあなたの口座に反映させます。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

2位 平田和生 元メリルリンチ証券No.1セールストレーダーであり、シンガポール大手銀行、UOBアセットマネジメントジャパン社長、日本投資顧問業協会の副部会長などを歴任してきた、平田和生(ひらたかずお)先生が、株式投資の銘柄を、定期的にお届けするものとなっております。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

3位 FX-Jin 会社員からシンガポールのヘッジファンドに弟子入りし、帰国後、プロの機関投資家として、株式とオプション取引で連戦連勝を実現させてきた、次世代の投資業界を担う若き二人の天才。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

FXトレード手法 人気ランキング

IFD注文とは

IFD(If done order、イフ ダン)注文とは、新規のエントリーと決済の二つを組み合わせて注文を行うことです。

 

IFD注文を行うことで、注文と決済まで連続して行うことができます。例えば、現在のレートが1ドル100円だったとします。

 

この時、あなたがもし1ドルが95円になったら買って、105円まで上昇したら利益を確定して売りたいと考えたとしましょう。

 

その場合はIFD注文にて、まず「1ドル95円で買い」と指値注文で設定し、次に「1ドル105円で売り」と続けて指値注文で設定して、注文を出します。

 

これは、まず1ドルが95円になったら自動的に買い、この買い注文が約定した時点で次の「1ドル105円で売り」の指値注文が有効となります。

 

そして、相場が上昇し、もし、1ドルが105円になったら、その時点で自動的に売りが約定するのです。

 

つまり、もし、最初の取引が成立したら、すぐに次の取引を自動的に発注する注文方法が、IFD注文です。

 

最初の取引が成立しなかった場合には、もちろん、次の注文は発注しません。

 

これは、新規のポジション取りから決済までを自動でやってくれるので、非常に便利な注文方法と言えるでしょう。

 

もし、相場の流れがこれから上昇し、利益が伸びそうだと予想した場合には、「1ドル105円で売り」の利益確定の注文は出さずに、「1ドル99円で買い、1ドル95円で売り」と、損切り注文に使用するのも賢い利用方法なのではないでしょうか?

IFO注文とは

IFO(IFDOCO、イフダンオーシーオー)注文とは、IFDとOCOの2つを組み合わせて注文を行うことです。

 

IFD注文が約定すると、続いて利益確定と損切りが行えるOCO注文が自動的に発注されます。

 

例えば、現在のレートが1ドル100円だったとします。

 

この時、あなたがもし1ドルが98円になったら買って、105円まで上昇したら利益を確定して売りたい、けれど、95円まで下降したら損切りして売りたいと考えたとしましょう。

 

その場合は、IFO注文にて、まず「1ドル98円で買い」と指値注文を行い、次に、「1ドル105円で売り」と指値注文を、「1ドル95円で売り」と逆指値注文をOCO注文で出します。

 

これは、まず1ドルが98円になったら自動的に買い、この買い注文が約定した時点で次の「1ドル105円で売り」の指値注文、「1ドル95円で売り」の逆指値注文の二つが有効となります。

 

そして、相場が上昇し、1ドル105円まで上昇したら売りが約定し、95円で出していた逆指値注文は自動的にキャンセルされます。

 

逆に、もし相場が下降して1ドル95円になった場合には、損切りの逆指値注文が約定し、105円で出していた利益確定の指値注文は自動的にキャンセルされます。

 

つまり、IFO注文を行うことによって、新規のポジション取りから利益確定の決済、または、損切りの決済までを自動でやってくれるのです。

 

IFO注文は、自動で売買を行ってくれるとても便利な注文方法というだけではありません。

 

IFO注文を行う際には、「いくらで買って、利益確定のレートはいくらで、損切りのレートはいくらで」といった、明確なルールが必要となります。この自分なりのルールをきちんと決めることが、FX取引を行う際にはとても重要になってくるのです。