為替の動向を予測するのに役立つのが、各種の経済指標や統計です。

人気ランキング【無料期間あり】

1位 為替無双 FXトレードのプロ集団がリアルタイムの裁量トレードをあなたの口座に反映させます。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

2位 平田和生 元メリルリンチ証券No.1セールストレーダーであり、シンガポール大手銀行、UOBアセットマネジメントジャパン社長、日本投資顧問業協会の副部会長などを歴任してきた、平田和生(ひらたかずお)先生が、株式投資の銘柄を、定期的にお届けするものとなっております。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

3位 FX-Jin 会社員からシンガポールのヘッジファンドに弟子入りし、帰国後、プロの機関投資家として、株式とオプション取引で連戦連勝を実現させてきた、次世代の投資業界を担う若き二人の天才。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

FXトレード手法 人気ランキング

好金利で人気上昇中オーストラリアドル

日本やアメリカ、ユーロ圏とは異なり、財政状況も景気も好調なのがオーストラリアです。最近では、製造業や情報通信技術なども急成長しています。オーストラリアドル(豪ドル)も、ニュージーランドドルや英ポンドと並ぶ高金利で、高い人気を誇っています。オーストラリアは、農作物や石炭、石油、鉄鉱石、金などを輸出する資源国でもあります。資源国の通貨は、世界の商品市場の動向に大きく影響されやすいという特徴があります。オーストラリアドルに投資をする際には、米ドルやユーロよりも情報量が少ないため、意識をして情報を集める必要があります。高金利が魅力の通貨ではありますが、取引量が少ないため、為替手数料が高めに設定されていることも知っておきましょう。せっかくの高金利が為替手数料で台無しということにならないように注意が必要です。また、市場規模が比較的小さいため、為替の変動が一方的な方向へ動きやすいという側面もあります。

 

日本人に大人気ニュージーランドドル

オーストラリアの近くに位置する島国ニュージーランド。ここの通貨ニュージーランドドル(NZドル)は、日本人投資家に高い人気があります。その理由は、高格付けであるにもかかわらず高金利であること。値動きは、オーストラリアドルと連動する傾向が見られます。

 

為替変動リスクは分散投資で回避する

外貨投資は、大きなリターンが期待できる反面、円預金にはないさまざまなリスクもあります。外貨投資をする以上、一度は通貨の両替をしなくてはなりません。このときに生じるのが為替変動リスクです。為替変動リスクを減らすには、購入時期を何回かに分散させるという戦略が効果的です。為替は上がったり、下がったりという波を描きます。つまり、ある時期は円高でも、時間が経てば再び円安になる時期がめぐってくるということ。ですから、時間を分散させることで、全体での為替変動の影響を分散させることができるのです。また、通貨の種類を分散させるという方法も効果的です。通貨はそれぞれ、為替の動きが異なります。米ドル、ユーロ、オーストラリアドル・・・といった具合に、いくつもの通貨に分散投資をしていれば、もし米ドルが円高になっても、他の通貨が円安になれば、リスクを回避できるというわけです。

 

債権につきものの価格変動リスク

外貨投資のなかでも外国債券(外債)への投資と切っても切り離せないのが、価格変動リスクです。債権は、償還期限まで保有すれば額面金額が戻ってくることになっています。しかし、途中で売却をする場合には、その時点での市場価格(時価)が適用されます。つまり元本を下回る場合も十分に考えられるのです。債権の価格は金利の変動とともに上下します。通常、金利が上がれば、債権の価格は下落します。したがって、外債の場合、発行元の国の金利が高いときに途中換金すると、元本割れしていまう可能性があります。いくら為替レートが味方してくれていても、外債そのものの価格が下落していたら意味がありません。もちろん、こうした価格変動がプラスに働くこともあります。たとえ円高でも、売却時の債権価格が上昇していれば、為替による損失をカバーできる可能性もあるのです。

 

元本カットは必至デフォルトリスク

デフォルトリスクとは、債券の発行体が倒産するリスクのこと。債務不履行リスク、信用リスクともいいます。債券の発行体からデフォルトが宣言されると、保有している債券の元利金の支払いがストップしてしまいます。通常はその後に支払い交渉が行われますが、利息はおろか、元本が大幅にカットされてしまうことは避けられません。このデフォルトリスクを測るための尺度として便利なのが、「格付け」です。格付けは、格付け機関によって表現が異なりますが、Aaa(トリプルA)、B(シングルB)などの記号で表されているのが一般的です。

 

外貨投資ならではのカントリーリスク

デフォルトリスクのなかでも、国レベルでのリスクを指す言葉が、カントリーリスクです。カントリーリスクとは、その国の政治や経済、社会の変化によって、投資したお金が回収不能となるリスクのこと。いくら金利が高くても、国そのものの安全性が低いのでは意味がありません。自分がよく知らない国や地域に投資をする場合には、十分に下調べすることが重要だといえるでしょう。また、これらのリスクは時間とともに変化します。投資したあとも、その国を取り巻く環境の変化を常に見届けることが必要です。

 

投資型商品の宿命、流動性リスク

流動性リスクも忘れてはなりません。流動性リスクとは、急にお金が必要になったときに、自由に換金できないリスクのこと。たとえ換金できたとしても、途中換金の場合には元本が保証されてなかったり、ペナルティとして費用が発生したりする場合もあります。やむを得ず換金しなければならないときに運悪く大幅な円安の波が来ていたりすると、まさに泣きっ面に蜂。商品を購入する場合には、当面は使う見込みのない余剰資金を回すようにしましょう。

 

世界各国の経済情勢に目を配っておこう

為替の動向を予測するのに役立つのが、各種の経済指標や統計です。外貨投資をする際には、現在の経済情勢はもちろん、今後の情勢がどうなっていくかを予測して判断を下す必要があります。そのためにも、常に世界各国の政治や経済の動きに目を配っておくことが大切だといえるでしょう。特に注目すべきなのは、景気の動向、貿易収支、金融政策、為替政策など。アメリカの大統領選挙、中国の経済政策、イラク情勢なども為替に大きな影響を与えます。景気の動向については、各国のGDP(国内総生産)や民間設備投資、雇用統計などを手掛かりにしてつかむことができます。GDP(国内総生産)とは、国内で生産されたものやサービスの合計金額のことをいいます。GDPが高ければ、経済活動が活発に行われていることの証拠。このことから、GDPが高い国の通貨のほうが好んで買われる傾向にあります。GDPの伸び率のことを経済成長率といいますが、これは景気の動向を示す重要な数値です。なお、GDPには、インフレやデフレの影響を排除した実質GDPと、こうしたことを考慮しない名目GDPがあります。

 

貿易収支も円高・円安と関係がある

貿易収支は、輸出額から輸入額を差し引いたものをいいます。つまり、輸出をして国内に入ってきたお金と、輸入をして国外に出て行ったお金を比較して、輸出が多かった場合には貿易収支がプラス、輸入が多かった場合には貿易収支はマイナスになります。日本の場合は、自動車や家電などの輸出産業が盛んなため、貿易収支はプラスになります。貿易収支がプラスということは、その国の通貨が上がる要因です。なぜなら、日本が輸出で外貨を得た場合、収支がプラスだと外貨が余ります。余った外貨は日本での支払いなどに回すために再び円に戻されます。このときに円需要が増すので、円の価格が上昇するというわけです。

 

日本経済新聞なら効率よく情報収集ができる

実際にどうすれば、情報を継続的にとらえていくことができるのでしょうか?為替の先行きを読むのに役立つ情報はいろいろありますが、一番てっとり早いのは日本経済新聞でしょう。日経新聞のマーケット総合1面では、東京外国為替市場の為替レートと並んで、世界の株式市場や債券市場から見た為替市場の動向について取り上げられています。こういった記事を継続して読んでいくことで、為替相場の大まかなトレンドをつかむことができるようになるでしょう。また、月曜日の朝刊に掲載される「景気指標」のコーナーには、日米の貿易収支や経常収支などが月ごとの時系列でまとめてあります。為替レートは、通貨間の相対的な人気によって決まります。日本円をベースに外貨投資をするのであれば、まずは日本の経済情勢についてしっかりと把握しておくことが基本だといえるでしょう。