FXのファンダメンタル分析とは?

人気ランキング【無料期間あり】

1位 為替無双 FXトレードのプロ集団がリアルタイムの裁量トレードをあなたの口座に反映させます。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

2位 平田和生 元メリルリンチ証券No.1セールストレーダーであり、シンガポール大手銀行、UOBアセットマネジメントジャパン社長、日本投資顧問業協会の副部会長などを歴任してきた、平田和生(ひらたかずお)先生が、株式投資の銘柄を、定期的にお届けするものとなっております。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

3位 FX-Jin 会社員からシンガポールのヘッジファンドに弟子入りし、帰国後、プロの機関投資家として、株式とオプション取引で連戦連勝を実現させてきた、次世代の投資業界を担う若き二人の天才。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

FXトレード手法 人気ランキング

ファンダメンタル分析とは?

ファンダメンタル分析とは、財務諸表、健全性、経営、競争優位性、競合相手、市場等の経済の基本を分析する事を言います。

 

FXの場合には、経済の基礎的条件の景気や経済成長率、雇用情勢、金利、政策等、色々な条件により、為替相場の流れや方向性を将来的に予測する分析方法です。

 

中・長期的な外国為替レートの予測は、ファンダメンタルス分析の方が向いているとも言われています。

 

FXトレードの手段の「テクニカル分析」とは相対する概念となります。

 

例としては、一般にその国の株式が下落すると、通貨の価格も連動して下落する傾向となったり、その国の金利が上がると通貨も上昇傾向となったり、GDPや日銀短観等の経済指標が上向くと、通貨も上昇する可能性が高くなったりするのです。

 

また、原油や貴金属等の商品市況を例にすると、オセアニア通貨は貴金属相場の上昇に連動し、「連れ高」する傾向にあったり、米ドルは原油相場が上昇すると弱含みする傾向にあったりします。

 

けれど、原油高の原因が中東情勢の悪化の時には、投資家が安定性を重要視してドルを買う時もあるでしょう。

 

このように、ファンダメンタル分析を考える際はたくさんの要因があり、突き詰めていくとあまりにも情報が多く、その情報に振り回されてしまうリスク性もあるのです。

 

そのような事が起きないようにするためにも、テクニカル分析を併用してバランスよく分析する事が望ましいと言えます。

実際の金額よりも大きな取引ができる?

FXの魅力のひとつに、レバレッジがあげられます。

 

このレバレッジとは、小さい金額で大きな金額の取引をする事。

 

すなわち、あなたの手元の金額を数十倍、または、数百倍にして運用する事ができ、その差益を得られるのです。

 

具体的な金額を例に挙げると、例えば、100万円の入金(証拠金)でレバレッジの倍率が1倍であれば、100万円の取引しか出来ません。

 

ここでレバレッジの倍率を5倍にすると、500万円までの取引が可能となります。

 

もし、レバレッジの倍率を10倍にすると、1,000万円の取引が出来るのです。

 

当然、それ以上の倍率の時には、さらに大きな金額の取引が出来るので、利益が出た時には相当の金額となるでしょう。

 

うまく取引が出来れば、このような美味しい事はありませんよね?

 

けれど、FXはそんなに甘くはありません。

 

レバレッジの倍率を高く設けていればしている程、あなたの予想通りに相場が動かなかった時には損失も多額になってしまいます。

 

要するに、このレバレッジのかけ方ひとつでFXにおけるリスクの割合も相当変わってくるというわけです。

 

レバレッジはハイリスク・ハイリターンである事を認識し、あなたの証拠金に見合った倍率のレバレッジで取引を実施するようにしましょう。

 

万が一、損失が膨らむと、追加で証拠金を入れなければならない「追証」が発生します。

 

これは、多くの場合、レバレッジが高すぎる事が原因となっていますので、こんな時にはレバレッジを低く設定するようにすると良いでしょう。