FXのテクニカル分析とは?

人気ランキング【無料期間あり】

1位 為替無双 FXトレードのプロ集団がリアルタイムの裁量トレードをあなたの口座に反映させます。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

2位 平田和生 元メリルリンチ証券No.1セールストレーダーであり、シンガポール大手銀行、UOBアセットマネジメントジャパン社長、日本投資顧問業協会の副部会長などを歴任してきた、平田和生(ひらたかずお)先生が、株式投資の銘柄を、定期的にお届けするものとなっております。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

3位 FX-Jin 会社員からシンガポールのヘッジファンドに弟子入りし、帰国後、プロの機関投資家として、株式とオプション取引で連戦連勝を実現させてきた、次世代の投資業界を担う若き二人の天才。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

FXトレード手法 人気ランキング

テクニカル分析とは?

テクニカル分析とは、以前に発生した価格や出来高等の取り引き実績の時系列パターンをテクニカル指標やチャート(グラフ・罫線表)にして分析する事を言います。

 

FXの場合には、チャートやそのほかのテクニカル指標を用いて今後の為替相場の予想を立てる分析方法の事です。

 

FXトレードの手段の一つの「ファンダメンタル分析」とは相対する概念となります。

 

テクニカル分析の具体的な技法は、取り引き価格の上昇トレンドと下落トレンドの転換を見いだす方法や取り引き価格に対する値ごろ感、変動値幅を算出する方法等があります。

 

これらを実行する方法としては、判定方法の意味づけや人間による視覚的判断で活用する「チャート分析による図解的手法 」、分析の自動実行や分析チャートの作図を活用する「コンピュータで数値的に計算する手法」があり、分析結果の表示はわかりやすくする為にチャートを用いるのが標準的です。

 

代表的なテクニカルチャートとしては、ボリンジャーバンド、MACD、ストキャスティクス、RSI、一目均衡表等が存在しています。

 

「為替相場を動かすのは相場に参加している人」であり、相場に参加している人達がどちらの方向を向いているのか、その心理を反映させているのが分析結果のチャートです。

 

チャートの理論や仕組みをよく把握して、相場に参加している人達が何を考え、以後、どう動いていくのかを予測する事が重要だと言えるでしょう。

ポートフォリオとは?

まず、「ポートフォリオ」という言葉ですが、これは「紙ばさみ」を意味する英語からきていて、持ち運びが出来る書類入れや作品ファイルの意味として使用されています。

 

でも、今の日本では、金融・経済分野での投資・資産運営・資産管理等のときに、複数の金融商品に分散投資する事や、その投資した金融商品の組み合わせを指す事が少なくないようです。

 

例えば、あなたが1億円を持っていたとしますね。

 

それをそのまま預金しておくのは勿体無いと考え、運用しようとします。

 

ここであなたは、将来有望だからといわれて、1億円すべてをA社に投資したりするでしょうか?

 

もし、A社が倒産してしまったら、あなたの1億円はすべてなくなってしまいます。

 

現代社会において、安全な投資先等は存在しないといっても、決して過言ではありません。

 

それならば、何割を株式に、何割を円預金に、何割を外貨預金に投資する等とすると、ちょっとでもリスクを分散出来るとは思いませんか?

 

株式に投資する場合でも、A社、B社、C社と分散して投資する事で、A社に予期しない事柄が発生した時でも、B社やC社から利益が出ていれば、カバーする事が出来ます。

 

これがポートフォリオです。

 

FXにおけるポートフォリオは、複数の通貨ペアを組む事で、いずれかの通貨の相場変動でスワップポイントがなくなった時でもほかの通貨のスワップポイントで補う事が出来るという投資テクニックの一つになります。