FXレバレッジ規制について

人気ランキング【無料期間あり】

1位 為替無双 FXトレードのプロ集団がリアルタイムの裁量トレードをあなたの口座に反映させます。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

2位 平田和生 元メリルリンチ証券No.1セールストレーダーであり、シンガポール大手銀行、UOBアセットマネジメントジャパン社長、日本投資顧問業協会の副部会長などを歴任してきた、平田和生(ひらたかずお)先生が、株式投資の銘柄を、定期的にお届けするものとなっております。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

3位 FX-Jin 会社員からシンガポールのヘッジファンドに弟子入りし、帰国後、プロの機関投資家として、株式とオプション取引で連戦連勝を実現させてきた、次世代の投資業界を担う若き二人の天才。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

FXトレード手法 人気ランキング

レバレッジ規制について

2010年より開始されたFXのレバレッジ規制とは、金融庁が発表した金融商品「外国為替証拠金取引(FX)」において、預けたお金で何倍の売買が可能か示す「証拠金倍率」を規制する事を言います。

 

それまでのFX市場では、100倍〜600倍前後の高倍率で取り引きする人が多かったのですが、それではわずかな為替相場の変動でも、預けた証拠金がゼロになったり、損失が大幅になったりする恐れがありました。

 

この行き過ぎたハイレバレッジ競争の過熱感を抑制するためにも、金融庁は2010年8月までの猶予期間をおいてから、まず50倍までに最大レバレッジを引き下げ、次いで2011年の8月には全部のFX業者の最大レバレッジを25倍までに引き下げるFXのレバレッジ規制の施行を決めたのです。

 

このFXのレバレッジ規制は投資家の保護を理由として実施されましたが、投資家からは決して歓迎されるものではありませんでした。

 

ハイレバレッジでトレードするという事には、リスクが大幅になるというデメリットがあります。

 

しかし、逆に考えれば、少ない証拠金で積極的に利鞘を稼げるという事にもなるのです。

 

これがFXの最大のメリットで、FXという金融商品がここまで市場に広まった魅力でもあります。

 

また、このFXのレバレッジ規制後には、ハイレバレッジ派の投資家が規制のない海外のFX業者に海外流失する恐れもあり、国内の弱小FX業者は淘汰される危険性が高いです。

 

今後FXを始めようとする投資家は、FX業者選びにも注意が必要でしょう。

FXはスワップポイントの金利が大きい?

まず、スワップポイントとは一体どのようなものでしょう。スワップとは、各国の通貨間に金利差があった時に生じる差益の事です。

 

そして、スワップポイントとは、金利の高い通貨を買って金利の安い通貨を売った時に、その金利の差分を受け取る事です。

 

具体的には、もし、豪の金利が4.25%で日本の金利が0.1%であった時、その差は4.15%となります。この差がスワップポイントです。

 

当然、高金利の通貨を売って低金利の通貨を買った時には、金利を払う事になります。スワップポイントは、このお金の受け渡しが日々発生するのです。

 

この金利に大きな変動がなければ、買い続ける事で金利が日々確実に貯まっていきます。FXでは、自分の手持ちの金額よりも、より大きな金額で取引が出来るので、この金利が何倍にも、もしかすると何十倍にもなる可能性があります。

 

FX投資の中で、このスワップポイントを受け取る事を中心に投資する事を「スワップ投資」とも呼び、これのみを目的にしてFX運用をしている方も沢山います。しかしながら、各国の金利情勢は日々変動し、その変動に応じてスワップポイントも変化していきます。

 

取引する時点によって金利は変動しているので、十分注意が必要です。また、スワップポイントはFX業者によって大幅に異なります。

 

安定して高いスワップ金利を提示し続けているFX業者を選択する事も重要です。