FXディーラーが外国為替市場の主役

人気ランキング【無料期間あり】

1位 為替無双 FXトレードのプロ集団がリアルタイムの裁量トレードをあなたの口座に反映させます。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

2位 平田和生 元メリルリンチ証券No.1セールストレーダーであり、シンガポール大手銀行、UOBアセットマネジメントジャパン社長、日本投資顧問業協会の副部会長などを歴任してきた、平田和生(ひらたかずお)先生が、株式投資の銘柄を、定期的にお届けするものとなっております。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

3位 FX-Jin 会社員からシンガポールのヘッジファンドに弟子入りし、帰国後、プロの機関投資家として、株式とオプション取引で連戦連勝を実現させてきた、次世代の投資業界を担う若き二人の天才。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

FXトレード手法 人気ランキング

リスクが高いことを念頭に置いておこう

FXは、株式投資の信用取引のように、取引のための資金を借りるものではありません。売った通貨はいずれ買い戻す、買った通貨はいずれ売り戻すということを原則に、為替差益や為替差損といった差金だけを決済するしくみになっています。ただし、大きなリターンが期待できるということは、裏を返せば、それだけ大きな損失を被る可能性があるということ。FXに挑戦するのであれば、常にこのことを念頭において取引を行う必要があります。

外貨投資の基礎力をアップさせよう

外貨投資をする場合に、切っても切り離せないのが「為替」です。為替という言葉になんとなくアレルギーを持っている人は少なくありません。でも、為替の基本はいたって単純なしくみです。それに、為替を味方につければ、高金利と為替のダブルで利益をえることも可能なのです。「為替を知れば、外貨投資を制す」といわれます。まずは為替のしくみを知り、外貨投資をするための基礎力を鍛えましょう。いろんな情報がネットにはありますから、検索していろいろ調べてみてください。

為替には内国為替と外国為替がある

為替は本来、国内、海外を問わずお金を送金することを指す言葉です。たとえば、郵便局には「普通為替」や「定額小為替」といった送金サービスを行っています。これらは、現金の代わりに為替証書を作成して送金するものです。しかし、一般的に「為替」といった場合には、外国為替を指すことが多いようです。外国為替とは、日本の通貨と外国の通貨、または異なる二国間の通貨を交換し、送金することを指します。私たちが海外旅行に行く際には、現地で買い物をしたり、食事をしたりするために、銀行で現地の通貨に両替をします。同様に、輸出や輸入の決済をする場合にも、日本の通貨と、取引先の国の通貨とを交換する必要があります。海外に自動車を輸出して販売した場合、その国での売上は、日本の通貨(日本円)に両替して日本へ送金されます。原油を輸入する場合には、日本円をその国の通貨や米ドルに両替して決済することになります。このように、異なる通貨に両替して送金することが、外国為替なのです。

外国為替市場は「見えざる市場」

外国為替の中心に位置しているのが、外国為替市場です。ニュースでも「今日の外国為替相場、東京市場の終値は・・・」といったフレーズはおなじみですね。「市場」と聞くと、野菜や魚の市場や証券取引所のようなところを思い浮かべる人も多いはず。でも、実は外国為替市場は「見えざる市場」。青果の市場のように多くの人が集まって競りをやっていたり、特定のシステムにすべての情報が集まり、取引を行ったりしているわけではありません。外国為替の取引は、世界各国の銀行内にあるディーリング・ルームから電話やインターネット回線を使ってやりとりすることで行われます。これらのネットワークを総称して、外国為替市場と呼んでいるのです。

24時間眠らずに取引されている

外国為替はいうまでもなく、世界を舞台にしています。太陽が地球の自転に沿って24時間、地球のどこかを照らし続けているように、外国為替市場も眠ることを知りません。24時間を通じて、世界中で取引されています。外国為替市場は、現在、東京をはじめ、ニューヨーク、ロンドン、香港、シンガポール、フランクフルト、チューリッヒなど、世界50ヶ所以上にあり、主要な都市ごとにネットワークが設けられています。特に、東京、ニューヨーク、ロンドンは世界の三大市場と呼ばれています。これらの「市場」が結ばれることで、24時間眠ることを知らない、世界最大の市場ができあがっているのです。

インターバンク市場と対顧客市場

外国為替市場はインターバンク市場(銀行間市場)と、対顧客市場の2つに大別されます。インターバンク市場では銀行と銀行の間で取引を行うのに対し、銀行が顧客に対して取引を行うのが対顧客市場。海外旅行に出かける前に、銀行の窓口で両替をする場合も、対顧客市場で取引をしているということになります。通常、外国為替市場という場合にはインターバンク市場を指します。対顧客市場のレートは、インターバンク市場のレートをもとにして決められています。

為替ディーラーが外国為替市場の主役

外国為替市場で、実際の取引を中心になってしているのが、為替ディーラーと呼ばれる人々です。為替ディーラー、フォレックスディーラー、FXディーラーなどとも呼ばれています。異なる通貨の交換によって利益を得るのが彼らに課せられた仕事。世界情勢や経済ニュース、世界中の為替レートなどが表示されたモニターが立ち並ぶディーリング・ルームで、ロイターの通信端末などを通して取り引きを行っています。さらに、為替ディーラー以外にも、ブローカーや通貨当局(財務省や日本銀行)も市場に参加しています。

為替レートにも多くの種類がある

異なった通貨を交換する際の交換比率を為替レート(外国為替相場)といいます。「1ドル=107円」などと表示されているのが、現在の為替レートになります。ただし、ひとくちに為替レートといっても、数字はひとつではありません。例えば、銀行に行って、トラベラーズ・チェックを発行してもらう場合のレートと、現金に交換してもらうレートには違いがあります。また、インターバンク市場と対顧客市場でも為替レートが異なります。通常は、このインターバンク市場での交換比率を指して「為替レート」と呼んでいます。

需給関係によって為替レートは動く

為替レートが動く最大の要因として挙げられるのが、需給関係です。2つの異なった通貨を比較した場合に、片方の通貨を欲しいという人がたくさんいるにもかかわらず、もう一方の通過の人気が低ければ、需要の多いほうの通貨の価値が高くなります。こうしたカラクリは、株式市場や債権市場と一緒です。売られるものと買われるものの力関係によって、値段が高くなったり、低くなったりするというわけです。これらの需給関係に大きな影響を与えているのが、金利や景気、経済収支などのファンダメンタルズです。例えば、金利は景気が上昇基調に乗っているときに引き上げられます。金利が引き上げられたということは、通貨当局が今後も景気が好調だと予測しているということの証拠。それに、金利が高くなれば、それを目当てにしたお金が海外から集まります。こうして人気が高まった結果、その通貨の需要が増し、為替レートが高くなるのです。また、基軸通貨である米ドルを発行しているアメリカの影響力も小さくありません。そのアメリカでももっとも為替に影響力を持っているといわれるのが、財務長官です、外貨投資をするのであれば、アメリカの財務長官の発言には常に注目しておきたいものです。