複数のローソク足からわかること

人気ランキング【無料期間あり】

1位 為替無双 FXトレードのプロ集団がリアルタイムの裁量トレードをあなたの口座に反映させます。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

2位 平田和生 元メリルリンチ証券No.1セールストレーダーであり、シンガポール大手銀行、UOBアセットマネジメントジャパン社長、日本投資顧問業協会の副部会長などを歴任してきた、平田和生(ひらたかずお)先生が、株式投資の銘柄を、定期的にお届けするものとなっております。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

3位 FX-Jin 会社員からシンガポールのヘッジファンドに弟子入りし、帰国後、プロの機関投資家として、株式とオプション取引で連戦連勝を実現させてきた、次世代の投資業界を担う若き二人の天才。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

FXトレード手法 人気ランキング

複数のローソク足からわかること

複数のローソク足の組み合わせでは、「ダブルトップ」「ダブルボトム」「三尊」「逆三尊」などが有名です。これらのチャートパターンで引かれる補助線のことをネックラインと言います。「ダブルトップ」は2回繰り返して同じように高値をつけて下げ戻すパターンです。2回目に下げたときにそのままネックラインを突破したら売りのシグナルです。この逆パターンが「ダブルボトム」です。「三尊」はダブルトップより1回多く、3回繰り返して高値をつけて下げ戻すパターンで、真ん中の山が一番高くなることが特徴です。3回目に下げたときにネックラインを下に突破すると売りのシグナルです。この逆パターンが「逆三尊」です。

トレンドラインで傾向をつかもう

ローソク足からは多くの情報が得られるのですが、そのひとつひとつをつぶさに追っていると全体の動きがよく見えなくなるという欠点があります。そこで、為替の波が全体としてどのような方向に動いているかを大まかにとらえるのがトレンドです。トレンドとはずばり傾向のこと。短期間で見れば方向性がないように見えるチャートの動きも、中長期で見れば上昇傾向にあるのか、それとも下降傾向にあるのかがわかります。さらに、現在天井付近にあるのか底付近にあるのかもおおよそ見当がつき、売り時・買い時のタイミングを見極めるのに役立ちます。トレンドを見るには、トレンドラインが参考になります。トレンドラインは、チャートの山どうし、谷どうしを結ぶだけで簡単に作成できます。山どうしを結んだ線を上値抵抗線、谷どうしを結んだ線を下値支持線といいます。上値抵抗線や下値支持線は心理的な節目として位置付けられています。上値抵抗線は、過去にその値段までは動いたものの、結局その値段は超えられずに押し戻されていたことを意味します。上値抵抗線を超えて相場が上昇するようであれば、勢いがありさらに上昇する可能性が高くなります。反対に下値支持線を超えて相場が下落するなら、さらに下降することが予測されます。

トレンドの基本パターンを押さえよう

トレンドには、トレンドラインが右肩上がりの上昇トレンド、右下がりの下降トレンド、一定の幅を行ったり来たりする横ばいトレンドの3つのパターンがあります。為替はいったんトレンドに乗るとしばらくその傾向が続くことが多いものです。上昇トレンドに乗り始め、これから上昇していきそうな通貨は、絶好の買いのタイミングです。ただし、期間の取り方によってトレンドが違う見え方をすることもしばしばあります。長期で見れば上昇トレンドだったのに、短期で見たら下降トレンドだったというように、全く逆に見えることもあるのです。まずは中長期でのトレンドを見た上で、短期のトレンドを確認し、総合的に判断を下すようにしましょう。

移動平均線ってどんなもの?

移動平均線とは、過去の一定期間の終値の平均をグラフに表したものです。期間の取り方によって5日移動平均線、15日移動平均線などと呼ばれます。例えば、15日移動平均線を引く場合は、まず、直近15日間の為替の終値の平均を求めます。このようにして1日ずつずらしながら直近15日間の終値の平均を求めていき、それをグラフにしたものが15日移動平均線です。移動平均線は、基本的に、長期的なトレンドを知りたければ期間の長いものが、短期的なトレンドを知りたければ期間の短いものが参考になります。短期的に見ればブレがあって、トレンドがわかりにくい場合でも、長期の移動平均線を使って為替レートを見てみると、上昇なのか下降なのかということがハッキリする場合もあります。移動平均線は、トレンドをつかむためにとても頼りになる存在です。

ゴールデンクロスとデッドクロス

移動平均線は期間のことなるものを組み合わせて使うと効果的にシグナルを発見できます。なかでも定番なのが、ゴールデンクロスとデッドクロスです。ゴールデンクロスとは、短期移動平均線が長期移動平均線を下から上に向かって突き抜けるように交わっている状態を指します。このシグナルを見つけたらしめたもの。為替がこれから上昇していくことが予想されます。一方、デッドクロスとは、短期移動平均線が長期移動平均線を上から下に向かって突き抜けるように交わっている状態を指します。このシグナルがでると為替がこれから下降していくことが予想されます。ゴールデンクロスとデッドクロスは初心者でもわかりやすいシグナルなのですが、移動平均線の取り方によっては結果が全く違ってくることもあります。売買を行う際にはほかの指標も見ながら総合的に判断するようにしましょう。

2タイプの指標を使いこなそう

テクニカル指標と呼ばれるものには、大きく2つのタイプがあります。ひとつは、相場の方向性を示すトレンド系の指標で、ローソク足チャートや移動平均線はどちらもこのトレンド系の指標です。トレンド系の指標としては、ほかにも、一目均衡表やDMIなどの指標があります。なかでも一目均衡表は、文字どおり相場の動向が一目見てわかる優れものです。もともとは日本で考案された指標ですが、海外の投資家からも高い人気があります。相場の方向性や転換点など、相場予測の総合的な判断に用います。一方、売られすぎ、買われすぎを判断するための指標をオシレーター系の指標といいます。オシレーター系の指標には、RSIやストキャスティクス、MACD、ボリンジャーバンドなどがあります。オシレーター系とは、日本語で「振り子」の意味です。振り子が中心に向かって戻ろうとするように、売られすぎ、買われすぎの場合には、利食いや手仕舞いによる反対売買が増え、自律的に反転する可能性が高まります。つまり、為替レートが平均から乖離しずぎると、トレンドに関係なく、平均に戻ろうとする力がはたらくのです。このような動きをキャッチするのがオシレーター系の指標の得意とするところです。

順張り、逆張りってなに?

トレンド系の指標の使い方の王道は、なんといってもトレンドをつかんでその流れに乗ることです。こうしたトレンドに沿って売買する方法を順張りといいます。初心者でも比較的投資しやすいのがこのスタイルです。一方、トレンドの転換点を狙った売買を逆張りといいます。下がってきているものをそろそろ上がるだろうと判断して買う、上がってきているものをそろそろ下がるだろうと思って売るのがこのスタイルです。オシレーター系の指標は、逆張りで使うものが多くあります。指標を使ってテクニカル分析をする際には、その指標が順張り系なのか、逆張り系なのかをわかったうえで行うことが大切です。また、指標どうしの相性も探っていくとさらに分析の精度が増すはずです。

テクニカル分析をしてみよう!

テクニカル分析に使う指標には、それぞれ理論に基づいた計算式があります。極端な話、こうした計算式を応用すれば、個人でも指標を作ることはできます。しかし、よほど投資が好きでそのために時間を使える人でなければ、いくつもの指標を自分で作って分析することは難しいでしょう。そこで活用したいのが、インターネット上で公開されている無料で使える指標です。なかでもおすすめなのが、Yahoo!ファイナンスやInfoseekマネーなどのマネー系ポータルサイト。ローソク足チャートや移動平均線など、基本的な指標以外にも、一目均衡表やRSIなどさまざまな種類の指標を見ることができます。指標を表示する期間も比較的柔軟に変更できるので、指標の種類や期間を変えながら、自分のスタイルに合った分析を探っていくことができます。このほか、時系列での為替レートの表示や外国為替に関するニュースなども確認できて情報の収集にとても便利です。 もちろん、気になる為替レートのチェックも簡単。多くのサイトでは、ほぼリアルタイムでの為替レートを見ることができます。さらに、FXを取り扱うネット証券や外為業者のいずれかに口座を開けば、完全リアルタイムの為替レートが確認できたり、もっとたくさんの種類の指標の取り扱いがあったりします。基本的な指標の扱いに慣れたら、こうした応用的な指標も用いて、分析力アップに役立てましょう。いくつかの指標を試してみると、使いやすいもの、自分と相性がよいものが自然と見えてきます。ところで、こうした指標を使う際には一度その指標の根拠となる計算式を確認しておくとよいでしょう。計算式自体を覚える必要は全くありませんが、その理論を大まかにでも頭に入れておくほうが、自信を持って使えるはずです。

FXとはいったいどんな商品なの?

最近、人気が高まっている外貨投資のなかでも、特に話題を呼んでいるのが外国為替証拠金取引(FX)です。FXとは、“Foreign Exchange”の頭文字をとったもの。フォレックス(Forex)、外国為替保証金取引などと呼ばれることもあります。FXは、取引業者に一定の証拠金(保証金)を担保として預け入れると、その何倍もの外貨を売買できるという商品です。外貨預金や外貨MMFといった通常の外貨投資の場合、手持ちの金額以上の外貨を買うことはできません。1ドル=100円の場合に、10万円の資金で運用できるのがどうがんばっても1,000ドルです。でも、証拠金の何倍もの外貨を売買することができるFXなら、10万円の証拠金で1万ドルを運用することもできてしまうのです。大きな取引ができれば、それだけ大きなリターンを得るチャンスもやってきます。FXは、数ある外貨投資商品の中でも、もっとも積極的にリターンを狙える商品といえるかもしれません。

売りから入ることもできるのがFX

FXの大きな特徴として挙げられるのが、「売りから入れる」ということです。外貨預金や外貨MMFで利益を上げるには、円高のときに外貨を買い、円安のときに外貨を売るのが鉄則です。一方、FXでは取引を「売り」からスタートすることができます。つまり、円安のときなら外貨を売ることから始めればよいということです。「外貨を高く売って、安く買い戻す」ことができれば、円安でも円高でも利益を上げることができるということなのです。ただし、売りからスタートするときには注意しなければならないことがあります。それが、スワップポイントです。金利の高い外貨を売りの状態で持っていると、その間、スワップポイントを払わなければなりません。買いからスタートする取引を基本にし、売りから入る場合にはできるだけ短期で決済するとよいでしょう。為替レートがどのような局面にあってもスタートできるのがFXの醍醐味です。口座開設が完了すれば、あとは自分でゴーサインを出すだけということになります。

 

FXの歴史は始まったばかり

実は、FXの歴史はそんな古いものではありません。FXがはじめて登場したのは、1998年のこと。外為法の改正によって、いわゆる「為銀主義」が撤廃され、個人投資家も自由に外国為替取引ができるようになりました。また、その取引額も、10万円程度の少額からはじめれるようになりました。これ以来、FXは急速に市場規模を拡大しており、その勢いはとどまるところを知りません。現在の証拠金残高は2,000億円以上ともいわれています。