2本のローソク足からわかること

人気ランキング【無料期間あり】

1位 為替無双 FXトレードのプロ集団がリアルタイムの裁量トレードをあなたの口座に反映させます。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

2位 平田和生 元メリルリンチ証券No.1セールストレーダーであり、シンガポール大手銀行、UOBアセットマネジメントジャパン社長、日本投資顧問業協会の副部会長などを歴任してきた、平田和生(ひらたかずお)先生が、株式投資の銘柄を、定期的にお届けするものとなっております。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

3位 FX-Jin 会社員からシンガポールのヘッジファンドに弟子入りし、帰国後、プロの機関投資家として、株式とオプション取引で連戦連勝を実現させてきた、次世代の投資業界を担う若き二人の天才。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

FXトレード手法 人気ランキング

ローソク足をマスターしよう

為替チャートをよく見ると、上下に線のついた白や黒の長方形が並んでいます。これが、ローソク足と呼ばれるものです。その名のとおり、ローソクにそっくりの形をしています。ローソク足は為替チャートには欠かせない存在です。ローソク足は一定期間における四本値から成り立っていて、ローソク足を見ただけで、その期間の「始値」「終値」「高値」「安値」がわかります。一定期間の取り方はいろいろあり、それによってローソク足の呼び方も変わります。「分足」は1分間の為替の動きを表し、「日足」は1日の動きを表します。このほか、「週足」「月足」などがあり、1年間の動きを表したものは「年足」と呼ばれます。ローソク足の長方形の部分が柱(実体)です。柱には、白抜きと黒塗りの2種類があり、始値より終値が高い場合は白い柱、始値より終値が低い場合は黒い柱で示されます。柱は、黒色なら上辺が始値を、下辺が終値を表しています。反対に、白色なら上辺が終値を、下辺が始値を表しています。また、柱の上下に書かれている線は、ヒゲと呼ばれます。柱から高値までの直線を上ヒゲ、柱から安値までの直線を下ヒゲといいます。

ローソク足からのメッセージを受け取ろう

ヒゲのないもの、柱のないもの、白いもの黒いものなど、ローソク足の形状は千差万別です。その形や色によって、私たち投資家にさまざまなメッセージを投げかけてくれています。白いローソク足を陽線、黒いローソク足を陰線と呼びます。陽線が続けば上昇傾向、陰線が続けば下降傾向というように、ローソク足を見ただけでその期間の相場の方向性がわかるようになっています。長い上ヒゲを持つローソク足が天井付近で出たときは、相場の流れが反転し、下降に転じる可能性があります。反対に長い下ヒゲを持つローソク足が底付近で出たときは、その後反転して上昇する可能性があります。また、始値と終値が同じだった場合、実体がなくヒゲだけが上下に伸びた寄引同事線が表れます。この形は相場の転換期に表れることが多く、天井付近で出たら売りのシグナル、底付近で出たら買いのシグナルといわれています。

2本のローソク足からわかること

ローソク足は、1本だけでもいろいろな情報が得られますが、複数本を組み合わせることでより多くのメッセージを読み取ることができます。こうした組み合わせのパターンは無数にあるので、ここでは特に定番といわれるものを紹介しましょう。まず、2本のローソク足の組み合わせでは、「窓」「はらみ線」などが有名です。「窓」は2本のローソク足の間に、ぽっかりと空間ができる状態です。前後の為替の値段に大きな開きがでたときに窓が開くのです。そして、その空間を埋めるように為替が反転して動くことを窓埋めと表現します。陰線と陰線の間に窓が開くと相場の下降圧力が高いと判断され、売りのシグナルとされています。反対に、陽線と陽線の間に窓が開くと上昇圧力が高いと判断され、買いのシグナルとされています。「はらみ線」は前日の陽線のなかに当日の陰線が含まれてしまう、もしくは前日の陰線のなかに当日の陽線が含まれてしまう組み合わせです。底付近で陰線が先に出現したら買いのシグナル、天井付近で陽線が先に出現したら売りのシグナルといわれています。

業者にとってもハイリスク

証拠金の何倍、何十倍の外貨を取引できるのがFXの大きな魅力です。しかしそれだけハイリスクな取引ということができます。それは業者にとっても同じこと。そこで、業者によっては、証拠金を大きく上回るような損失が出ないよう、特別な仕組みが導入されています。その主たるものが、マージンコールとロスカットルールです。

マージンコールで状況の改善を促す

ポジションの評価は、為替レートの変動とともに変化します。決済されない限り、実際に損失が確定するわけではありませんが、ポジションの評価そのものを見ると大きくマイナスになっているというケースはいくらでもあります。預け入れた証拠金からこうした評価上のマイナスを差し引いた金額のことを有効証拠金と呼びます。この有効証拠金が一定レベルを下回り、維持証拠金を割り込むと、証拠金の追加差し入れを求められます。こうした仕組みがマージンコールと呼ばれるものです。業者により「ロスカットアラーム」「アラーム通知」「アラームメール」などと呼ばれます。業者によっても異なりますが、有効証拠金が必要証拠金の50〜60%を下回ると、マージンコールがかかる場合が多いようです。マージンコールを導入している業者では、毎日、決められた時刻の為替レートをもとに証拠金維持率が計算されます。そして、マージンコールが発生した場合には、メールなどを通じて投資家に連絡します。マージンコールが発生した場合、投資家は決められた時刻までに追加の証拠金を差し入れたり、ポジションを決済したりすることで、必要な証拠金維持率を満たさなければなりません。

強制的に反対売買するロスカットルール

ロスカットルールとは、証拠金維持率が必要証拠金の20〜30%を割り込んできた場合に、強制的に反対売買を行って決済するというしくみです。ロスカットルールが適用された場合には、投資家にとって不利なレートであっても、有無を言わさず、即座に売買が行われます。ロスカットは、マージンコール発生後、決められた時刻が過ぎたにもかかわらず状況が改善さればい場合にも行われます。何%の証拠金維持率でマージンコールやロスカットルールが適用されるのかは、業者によっても異なります。投資家自らが設定できる場合もあります。取引をする前にどんな設定になっているのか確認するようにしましょう。

目標リターンを決めておこう

いくらポジションの評価が大きくプラスになっていたとしても、決済をしないことには利益を確実に自分のものにすることはできません。大きな含み益でいい気分になっていたら、相場が急に反転し、手にするはずの利益があっという間に消えてなくなってしまったということも往々にしてあり得ます。それだけに、どのタイミングで決済するかを見極めることは重要な問題です。FXの場合、レバレッジが何倍なのかによっても期待するリターンの大きさや、リスクの大きさにかなりの開きが出ます。当然、レバレッジを高く設定すればするほど、リターンもリスクも大きくなります。反対に、それほど大きなリターンを狙わないのであれば、あえて高いレバレッジを設定する必要はありません。やり方次第では、外貨預金よりもはるかにローリスク・ローリターンに取引することも可能です。ですから、FXを行う際には、不用意に高いレバレッジを設定するのはタブーです。あらかじめ「どのぐらいのリターンを狙うのか」を決め、それに最適なレバレッジを設定するのがポイントになります。そして、目標とするリターンが見込めるようになった段階ですばやく決済を行うのがスマートなやり方ということになります。

「くりっく365」でFXの新時代がやってくる

2005年夏、世界初のマーケットが日本に誕生しました。それが「くりっく365(取引所為替証拠金取引)」です。「くりっく365」は公正で透明な取引をめざして東京金融先物取引所が創設した、FX(外国為替証拠金取引)専門の市場。従来からの店頭取引が私設市場に位置づけられるのに対し、「くりっく365」は正真正銘のFXの公設市場ということになります。新市場では、従来からのFXの非透明性を払拭して、個人投資家を取り込むことをめざしています。店頭取引では業者が任意に価格を設定していたのに対し、「くりっく365」では投資家にとって一番有利な取引レートで取引されます。また、スワップポイントも一本化され、受け取るスワップポイントより支払うスワップポイントのほうが大きいという、従来からの矛盾が解決されました。市場に参加できる取引業者は財務体力に余力のある業者に限られます。また、投資家の預ける証拠金は取引所に全額預託されるので、取引業者に万が一のことがあっても投資家の資産はしっかり守られることになります。さらに、税制面でも優遇されています。店頭取引で取引をした場合の利益は雑所得として総合課税の対象になり、商品先物取引やオプション取引などとの損益通算や損失の翌年度以降への繰越ができません。それに対して、「くりっく365」で取引した場合の利益は、雑所得として申告分離課税の対象になるため、商品先物取引やオプション取引などと損益通算したり損失の翌年度以降への繰越ができます。このように、「有利」「安全」「税制優遇」の3拍子が揃っているのが「くりっく365」の魅力です。「クリック365」は、FXの将来に大きな可能性をもたらしてくれるといえるでしょう。

テクニカル分析ってどんなもの?

各通貨の値段の過去の動きから将来の値動きを予想する分析方法をテクニカル分析と呼びます。政治や経済、天候などさまざまな要因をもとに総合的に為替の動向を分析するファンダメンタルズ分析に対し、テクニカル分析では過去の為替の動きだけに注目して将来の為替の動きを予測する点が特徴です。為替レートは基本的にその通貨を買いたい人が増えれば上昇し、その通貨を売りたい人が増えれば下落します。したがって、ファンダメンタルズ分析をもとに投資家の心理を予想できれば、おおまかな為替の動向をつかむことができるといわれています。しかし、どんなマクロ的な要因が投資家の心理にどんな影響を与え、それがどのタイミングでそれぞれの通貨の値動きに反映されるのかを予測するのは簡単なことではありません。そこで登場するのがテクニカル分析です。日々の為替レートの細かな動きに注目し、詳細に分析することで、取引のタイミングをとらえることができます。特に短期で売買する人にとっては、テクニカル分析は売り時、買い時を見極める重要な手がかりになるでしょう。

チャート分析はテクニカル分析の基本

テクニカル分析の基本となるのが、チャートを使った分析です。為替チャートとは、過去から現在に至るまでの為替の動きをグラフに記したものです。為替レートの動きを数字の羅列ではなく、グラフ化して見ることで、相場の流れをひと目で把握することができます。チャートの表示方法は、1分、1日、3ヶ月といった比較的短期間のものから、1年、3年といった長期のものまでさまざまです。売買のタイミングを計るためには、これらを必要に応じて使い分けることが必要です。為替チャートを使った分析力アップの秘訣は、「為替の動きは繰り返される」「為替の動きはトレンドを形成する」という大前提をしっかり頭に入れておくこと。こうしたセオリーを押さえて分析すると、買い時・売り時がつかめるのではないでしょうか?